ホーム くらし 防災 防災の心得

くらし

防災の心得

常日頃の防災対策

万が一の事態に備えて、日頃から準備しておきましょう。
i.gif

地図で確認
・あなたの家を地図上で探し、その場所が浸水想定の区域内に入っているかどうか確認しましょう。
・浸水想定の区域内に入っている場合は、その場所の浸水想定の深さを確認しましょう。
・家族で避難時の行動について話し合いをしましょう。

 

i.gif

持ち出し品はすぐに持ち出せるように!14_12.jpg
・避難の持ち出し品は日頃から準備し、置き場所を決めておきましょう。

 

i.gif

避難所は確認2箇所以上決めておく! 14_11.jpg
・災害時には、あなたの家から一番近い避難所が使えない事態も考えられます。
・近い避難所を2箇所以上確認しておきましょう。

 

i.gif

避難経路を歩いて安全性のチェック! 14_13.jpg
・あなたの家から避難所まで実際に歩いてみましょう。
・避難経路の周囲に水路や段差など危険な箇所がないか確認しておきましょう。

 

i.gif

気象情報に注意を! 14_14.jpg
・普段からテレビやラジオで雨や台風などの情報に注意を払うようにしましょう。

 

我が家の防災対策チェック

ご家庭の備えは十分でしょうか?次のことが確認できているかチェックしてみてください。
  とっさの安全確保と火災防止の手順は?
    家屋の補強、家具の転倒・落下の防止策は?
    非常持ち出し品の入った袋の準備と置き場所は?
    幼児や高齢者の避難補助の役割分担は?
    避難経路と避難場所は?
    家族間の連絡方法と最終的な避難場所は?

◆万が一の時に備えて、避難生活に最低限必要なものをリュックサックなどに詰めておき、すぐに持ち出せるようにしておきましょう。

 

  非常用持ち出しリスト ▶

 

台風・豪雨時の心得

毎年のようにやってくる台風ですが、十分な準備と心得があれば、被害を最小限に止めることが可能です。
i.gif 台風が近づいてきたら
14_02.jpg・窓や雨戸はしっかり施錠しましょう。ガラス窓にはテープを貼るとより安全です。
・家の周りを一周し、雨どいの詰まり、壁の状態などをチェックしておきます。
・植木鉢や物干竿など飛ばされそうなものは室内に入れるかしっかり固定します。
・断水に備え、風呂に水を溜めておくなど生活用水を数日分確保します。
・浸水のおそれのある家では、家財道具をできるだけ高い場所に移しましょう。
 
i.gif

早めの行動
14_09.jpg  ・危険を感じたり、避難命令があったときは、すぐに避難します。
 ・特に高齢者・子ども・障害のある人のいる世帯では早めの避難が必要です。
 ・あわてず、速やかに、助け合って行動しましょう。

   

i.gif

避難するときは・・・
14_05.jpg・車を使っての避難は危険があるため、徒歩で避難しましょう。
・夜間の避難は大変危険が伴いますので、できるだけ明るいうちに避難しましょう。
・避難するときは、電気のブレーカーをおとし、ガスの元栓を締めるのを忘れずに。
・避難時の荷物は貴重品、必要な食料、衣料、日用品など必要最小限にしましょう。
・避難時の荷物はリュックなどに入れ、出来るだけ両手は空けておきましょう。

        

i.gif 大事なのは助け合い14_08.jpg
・近所の高齢者・子ども・病気の人などの避難に協力しましょう。
・避難するときは、一人で行動せず、近所の人達と助け合って避難しましょう。            

地震時の心得

地震時には次のことを思い出し、慌てずに行動してください。
i.gif

グラッときたら身の安全14_06.jpg
・揺れを感じたら、物の落下に備え、机などの下に身を隠しましょう。
・周囲の状況をよく確かめ、あわてて外へ飛び出すことなく落ち着いて行動しましょう。

 

i.gif

すばやい消火、火の始末14_04.jpg
・ストーブなどをすばやく消し、ガス器具は元栓を締め、電気のコンセントを抜きましょう。
・出火したときは、消火器などでボヤのうちに消し止めましょう。

 

i.gif

窓や戸を開け、出口を確保
・揺れを感じたら、玄関などの扉を開けて非常脱出口を確保しましょう。
・避難中に、飛び散ったガラスで足を切ることがあります。注意しましょう。

 

i.gif

協力し合って救出・救護 14_03.jpg
・建物の倒壊や落下物などの下敷きになった人がいたり、ケガ人が出た場合、地域のみんなが協力しあって救出・救護を行いましょう。

 

i.gif

門や塀には近づかない
・門やブロック塀が倒れてくることがありますので、近づかないようにしてください。

 

i.gif 避難の前に安全確保、電気・ガスの確認
・避難するときは、電器のブレーカーを落とし、ガスの元栓を締めるのを忘れずに。

小郡市役所 協働推進課 防災安全係
〒838-0198 小郡市小郡255番地1(本館2階)
TEL:0942-72-2111(代表)内線253 / FAX:0942-73-4466
メールでのお問い合わせはこちらから

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。
 役に立った
 ふつう
 役に立たなかった
 見つけやすかった
 ふつう
 見つけにくかった



小郡市役所
〒838-0198 福岡県小郡市小郡255番地1 (代表) 0942-72-2111 (FAX) 0942-73-4466
[開庁日・開庁時間] 平日午前8時30分~午後5時 (土日祝日、年末年始を除く)
Copyright (c) 2012 Ogori City All right reserved.