ホーム 健康・福祉 国民健康保険 国民健康保険税 国民健康保険税とは

国民健康保険税とは

納付義務者について

 保険税は、国保加入者が属する世帯の世帯主に課税されます。世帯主本人が国保加入者でなくても、世帯内に国保加入者がいれば、世帯主が保険税の納税義務を負います。
 たとえば、(1)子は国保加入者だが父(世帯主)は社保加入者 (2)妻は国保だが夫(世帯主)は後期高齢者、のような場合です。
 国保税の算定は国保加入者の人数及び加入者の前年の所得をもとに世帯ごとに計算されます。

国民健康保険税のしくみについて

 国民健康保険(国保)税は医療保険分(0歳以上75歳未満)、後期高齢者支援金分(0歳以上75歳未満)、介護費分(40歳以上65歳未満)より構成されています。
 国保税は医療機関等の支払い、後期高齢者医療制度を支援するための費用及び介護制度の費用に要するための目的税です。

 国保では社会保険のような親族の扶養と言う制度で成り立っていません。
 社会保険では扶養される人が増えても基本的には(40歳以上65歳未満の介護対象者を除く)保険料が上がりませんが、国保税は国保加入者数や加入者の前年所得で大きく影響を受けます。

■ 医療保険分(0歳以上75歳未満)

 病院で保険証を提示すると医療費が「3割」の負担で済みます。「医療保険分」は残り「7割」の医療費の支払いや、高額になった時の払戻金、「出産育児一時金」や「葬祭費」などの時に支払うために使われます。

■ 後期高齢者支援金分(0歳以上75歳未満)

 後期高齢者支援金分は後期高齢者医療制度を0歳以上75歳未満の方が財政的に支援するための保険税で、後期高齢者医療制度の財源(全体の約4割相当分)に充てられます。

 平成19年度までは「医療保険分」の中に75歳以上の老人保健制度の収入に充てられる「老人保健拠出金」が含まれていましたが、平成20年度より後期高齢者医療制度が創設されたことを受け、「医療保険分」と「後期高齢者支援金分」に分かれて明確になったものです。

■ 介護費分(40歳から65歳未満)

 平成12年度より施行された介護保険制度により、国保加入者で40歳以上65歳未満の方(介護保険法第2号保険者)は国保税の中に介護費分をご負担していただくこととなりました。
 ※ただし【介護保険適用除外施設】に入所されている方を除く。

 また、国保加入者で年度途中に40歳に到達される方は、40歳到達月から年度末まで月割計算を行い、介護費分を加算して40歳到達月の翌月に増額の通知を送ります。

 国保加入者で年度途中に65歳に到達される方は、4月から65歳到達月の前月までの分まで月割計算を行い、当初課税より期割を行います。

20kokuhozei-1029n.jpg

保険税の税率・算定方法

■ 保険税の納税義務者

 保険税は、国保加入者が属する世帯の世帯主に課税されます。世帯主本人が国保加入者でなくても、世帯内に国保加入者がいれば、世帯主が保険税の納税義務を負います。
 たとえば、(1)子は国保加入者だが父(世帯主)は社保加入者 (2)妻は国保だが夫(世帯主)は後期高齢者、のような場合です。

■ 保険税の税率・限度額

 保険税は、世帯内の国保加入者の人数と前年中の所得をもとに、世帯ごとに計算します。
 納税通知書と納付書(口座振替通知書)は、毎年7月中旬頃に世帯主あてに送付します。

○ 平成29年度の国民健康保険税の税率表
保険税は、下表A、B、Cの費目の所得割、均等割、平等割すべての合計で決まります。A、B、Cそれぞれに限度額が定められており、所得割、均等割、平等割の合計額が限度額を超えても、限度額までしか課税されません。
  A 医療保険分
(0~74歳)
B 後期高齢者支援金分
(0~74歳)
C 介護納付金分
(40~64歳)
所得割 (前年の総所得金額等
-33万円)×8.2%
(前年の総所得金額等
-33万円)×2.63%
(前年の総所得金額等
-33万円)×2.4%
均等割 25,000円×人数 8,000円×人数 8,100円×人数
世帯割 24,200円 7,000円 7,000円
限度額 54万円 19万円 16万円
※保険税の所得割の算定基礎となる「総所得金額等」とは、総所得金額(給与・年金・営業などの総合課税の所得)と所得税の申告分離課税の対象となる山林所得金額、長期・短期譲渡所得金額、株式等の譲渡所得金額、上場株式等に係る配当所得の金額、先物取引に係る雑所得金額などの合算額です(※退職所得は対象外)。なお、長期・短期譲渡については特別控除後の金額、株式等の譲渡・配当所得については損益通算・繰越控除後の金額を用いて計算します。
○ 納めなければならない保険税の費目は、年齢によって異なります。
(1)40歳未満の人
保険税 A.医療保険分 + B.後期高齢者支援金分

(2)40歳以上65歳未満の人(介護保険の第2号被保険者)
保険税 A.医療保険分 + B.後期高齢者支援金分 + C.介護納付金分

(3)65歳以上75歳未満の人(介護保険の第一号被保険者)
保険税 A.医療保険分 + B.後期高齢者支援金分
※65歳以上の人の介護保険料は、保険税とは別に賦課されます。

■ 年度途中で加入・脱退をした場合の保険税

 保険税は、基本的に年度(4月から翌年の3月まで)単位で計算します。年度途中で被保険者が異動(社保加入、社保離脱、転出・転入など)した場合は、月割りで増減を行います。

 たとえば7月に社会保険から国保加入した場合、7月から翌年の3月まで9ヶ月ありますので、1年間の年税額の12分の9が課税されます。
 その届出をした翌月に税額が変更になります。
 また、年度途中で国保から脱退する場合、国保脱退の前月までの月割計算となります。たとえば7月に国保から社会保険加入した場合、国保税の月割計算は4月から6月まで3ヶ月の計算になるので、1年間の年税額の12分の3が課税されます。
 ただし、保険税が限度額に達していて、限度額を割り込まない場合は、税額は変更されません。

■ 低所得世帯に対する軽減(※申請不要)

 保険税には、世帯内の加入者数とその所得額に応じ、均等割と平等割を一定割合軽減するしくみがあります。軽減の判定は自動的に行われるので、申請の必要はありません。
 軽減の判定に際しては、加入者と世帯主(※世帯主自身が加入者でない場合も含む)の所得額を用いるため、世帯に未申告の人がいると、本来受けられるはずの軽減措置を受けられないこともあります。(収入のない方でも申告が必要です。)未申告の方は、お早めの申告をお願いします。

■ 世帯内の被保険者が後期高齢者に移行する際の軽減(※申請不要)

 世帯員が国保から後期高齢者医療制度に移行したことで、国保の加入者が一人となる世帯は、保険税の医療費分と後期高齢者支援金分平等割が、後期高齢者医療制度に移行した月から5年間は2分の1、その後3年間は3/4となります。
 後期高齢者医療制度への移行によって保険税の軽減に影響がないよう、軽減判定の際に用いる所得要件と加入者数には、国保から後期高齢者医療制度に移行した世帯主と加入者を含めることとします。

■ 社保等から後期高齢者に移行する人の被扶養者に対する減免(※要申請)

 社会保険の被保険者が75歳に到達して後期高齢者医療制度に移行すると、その人の健康保険の被扶養者だった人(旧被扶養者)は国保に加入しなければなりません。
 このような旧被扶養者のうち、65歳以上75歳未満の国保被保険者は所得割が免除となり、均等割が半額(医療分・後期高齢者支援分)減免になります。
 また、旧被扶養者のみで構成される世帯に限り、平等割が更に半額(医療分・後期高齢者支援分)減免になります。
 ただし、5割・7割軽減世帯の場合は、上記の減免は行いません。また、2割軽減世帯は、軽減前の額の3割を減免します。(負担が軽減分も合わせて基本額の5割までです。)
 ※申請は国保加入時にあわせて行います。

■ 介護適用除外施設入所者に対する減免(※要申請)

 40歳から64歳の人の保険税には「介護納付金分」が含まれますが、介護保険適用除外施設に入所している人は、届出をすることで「介護分納付金分」を納付する必要がなくなります。 ただし、上記の方が介護保険適用除外施設を退所した場合は、その旨を届出する必要があります。

国民健康保険税を納めないでいると…

 国民健康保険(国保)税を滞納すると、未納期間に応じた措置ばかりでなく、財産などが差し押さえ処分になる場合があります。

(1)督促

納期限が過ぎると督促が行われ、督促手数料のほか納期限が過ぎた日数によって、延滞金も徴収されます。
 ↓ それでも滞納が続くと

(2)短期被保険者証交付
通常の保険証の代わりに有効期限の短い「短期被保険者証」が交付される場合があります。
 ↓ それでも滞納が続くと

(3) 資格証明書交付
保険証を返してもらい、代わりに国保の加入者の資格を証明する「資格証明書」が交付される場合があります。

◎診療機関に受診する時は医療費を全額自己負担することになります。
「資格証明書」が交付されている方は「乳幼児医療証」や「高齢受給者証」などの医療給付も受けられませんのでご注意ください。
◎その他、給付の制限や財産の差し押さえが行われる場合があります。
◎災害や失業など特別な事情により、国保税の納付が困難な時は、申請により分割納税などもできますので、滞納をそのままにせずに収納課へお早めにご相談ください。(納税通知書、ご印鑑をご持参ください)


小郡市役所 国保年金課 国保係
〒838-0198 小郡市小郡255番地1(本館1階)
TEL:0942-72-2111(代表)内線424,425,428 / FAX:0942-73-4466
メールでのお問い合わせはこちらから

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。
 役に立った
 ふつう
 役に立たなかった
 見つけやすかった
 ふつう
 見つけにくかった



小郡市役所
〒838-0198 福岡県小郡市小郡255番地1 (代表) 0942-72-2111 (FAX) 0942-73-4466
[開庁日・開庁時間] 平日午前8時30分~午後5時 (土日祝日、年末年始を除く)
Copyright (c) 2012 Ogori City All right reserved.