ホーム 観る・学ぶ・人権 国際交流 世界の家庭料理体験教室&講演会

観る・学ぶ・人権

世界の家庭料理体験教室&講演会

 小郡市、おごおり国際交流協会では、国際理解講座(世界の家庭料理体験教室&講演会)を開催しています。
 国際理解講座は、日本にお住まいの外国人を講師に迎え、毎年3回開催されています。講師の出身国の家庭料理を作り、みんなで食べる「世界の家庭料理体験教室」と、その国での暮らしや文化についての「講演会」の2部構成です。
 世界各国の家庭料理や文化にふれてみませんか。

 開催日時や会場は、市広報や市ホームページなどでお知らせいたします。

世界の家庭料理体験教室&講演会を開催します(6月11日)

外国文化への理解を深め、楽しく交流しましょう。今回は「ネパール」です。変化に富む自然と多様な民族に溢れたネパールの魅力に触れてみませんか。
※事情により、国・講師が変更になる場合があります


◆日時、会場 平成29年6月11日(日) あすてらす
○料理教室 午前10時~午後1時 調理実習室
○講演会  午後1時30分~3時 会議室1
◆国 ネパール
◆講師 アバスさん
◆参加費 ○料理教室(材料費)大人800円、小学生以下400円
○講演会 無料
◆持ってくるもの エプロン
◆定員 料理教室30人
◆申込方法 電話、ファクス、はがき、Eメールで受け付けます。
名前、住所、電話番号をお知らせください。
◆申込締切 平成29年6月7日(水)午後5時
ただし、定員になり次第締め切ります。

◆申込・問合せ先 おごおり国際交流協会事務局(小郡市役所企画課内)
〒838-0198 小郡市小郡255-1
電話0942-72-2111 内線222
ファクス0942-73-4466
Eメールdanjokyodo@city.ogori.lg.jp

世界の家庭料理体験教室&講演会を開催しました(ウズベキスタン)

 平成28年度第3回国際理解講座(世界の家庭料理体験教室&講演会)を、2月12日に開催しました。
今回はウズベキスタンの料理と国の様子を教えてもらいました。

◇日時:平成29年2月12日(日) 10:00~15:00
◇場所:あすてらす
◇講師:マフブバ・カモロワさん
◇ウズベキスタン料理レシピ(PDF:874KB)

■ ウズベキスタン料理教室

ズベキスタン料理教室 料理教室では4つのグループに分かれて、ウズベキスタンの家庭料理を作りました。
★プロフ
 ウズベキスタンの伝統的な料理で、地域や家庭によって材料も味付けも様々だそうです。今回は、人参、たまねぎ、ラム肉を使ったプロフを作りました。ウズベキスタンでは大きな鍋で大量につくったものを配るそうです。
★サムサ
 肉やカボチャを入れたパイのようなもの。生地はサクサク、中はジューシーなお肉やほくほくのカボチャが入っています。料理教室ではオーブンで焼きましたが、ウズベキスタンのバザールでは窯に貼り付けて焼く様子が見られるそうです。
★サラダ
 トマトときゅうりを使ったシンプルなサラダです。カモロワさんが、他の料理との相性の良いサラダとして紹介してくれました。

■ 講演会「ウズベキスタンを知ろう」

講演会「ウズベキスタンを知ろう」 講演会「ウズベキスタンを知ろう」 講演会では講師のカモロワさんと夫であるアブデュラエフさんにお話をしていただきました。
 カモロワさんからは、サムサを窯で焼く様子など、写真を使って街の様子や文化など紹介していただきました。ウズベキスタンは中央アジアの真ん中にある国で、世界遺産に登録されているサマルカンドは観光地としておすすめだそうです。民族衣装も持参していただき、鮮やかな刺繍が参加者の目を楽しませてくれました。
 アブデュラエフさんは英語の先生ということで、日本との教育の違いを中心にお話していただきました。家族とのつながりを大切にする生活の様子がとても印象的でした。

次回の国際理解講座は、平成29年6月ごろに開催する予定です。
講演会「ウズベキスタンを知ろう」

世界の家庭料理体験教室&講演会を開催しました(マダガスカル)

 平成28年度第2回国際理解講座(世界の家庭料理体験教室&講演会)を、11月6日に開催しました。 今回はマダガスカルの料理と国の様子を教えてもらいました。

◇日時:平成28年11月6日(日) 10:00~15:00
◇場所:あすてらす
◇講師:タヒナ・ミラさん
◇マダガスカル料理レシピ(PDF:712KB) 

■ マダガスカル料理教室

madagascar1.JPG 料理教室では3つのグループに分かれて、マダガスカルの家庭料理を作りました。
★アシャル
人参、キャベツ、ピーマン、玉ねぎを使った野菜炒めです。すりおろしたウコンを加えるので独特の風味が加わり、身体にもよい料理です。
★ヴァンズブリ
マダガスカル産のヴァンツブー豆と豚肉の煮物です。みじん切りにした玉ねぎ、しょうが、トマトを加え、塩で味をととのえます。ご飯と一緒に食べるメインの料理です。ひよこ豆などで日本風にアレンジしてみてもいいかもしれませんね。

■ 講演会「マダガスカルを知ろう」

madagascar2.JPG

 講演会では、マダガスカルについて話を聞きました。ミラさん自身はフランス出身ということで、フランスについても少しお話いただきました。ご両親がマダガスカルの出身で、ミラさんも18歳までフランスとマダガスカル二つの国籍を持っていたそうです。 
 マダガスカルと聞くと、珍しい動物やバオバブの木をイメージする方も多いと思います。赤土が印象的で、歌と踊りを愛する人々が、太陽とともに生活する様子を聞くことができました。出稼ぎで得たお金で、地元に太陽光発電機を送る人もいるということで、自分の生まれ育った地域への熱い思いを感じました。ミラさんのお父様もフランスの知人とマダガスカルに小学校を作ってあげたそうです。
 フランスについてもお話をいただきましたが、テロ事件をきっかけに若者の愛国心が強くなったというお話が印象的でした。
 次回の国際理解講座は、平成28年2月ごろに開催する予定です。

世界の家庭料理体験教室&講演会を開催しました(スペイン)

 平成28年度第1回国際理解講座(世界の家庭料理体験教室&講演会)を、6月26日に開催しました。今回は、スペインから講師を迎えました。

◇日時:平成28年6月26日(日) 10:00~15:00
◇場所:あすてらす
◇講師:ダビさん
◇スペイン料理レシピ(PDF:683KB)

■ スペイン料理教室

スペイン料理教室 料理教室では5つのグループに分かれて、スペインの家庭料理を作りました。
★スペイン風オムレツ
ジャガイモとタマネギが入ったオムレツで、日本でも見かけることがある代表的なスペイン料理です。家庭的なやさしい味がしました。
★ロシアサラダ
スペインではよく食べられるサラダだそうです。茹でたジャガイモやニンジンをツナと一緒にマヨネーズであえて、全体が白っぽくなるため「ロシア」とつくそうです。
★コルドバ風はちみつをかけた茄子
日本ではあまり見かけない組み合わせですが、スライスした茄子を揚げて蜂蜜をかけるだけ。おやつにもなりそうな料理でした。
★ライスプディング
お米を牛乳と砂糖で煮込み、レモンの皮とシナモンスティックで香り付けをした甘い料理です。できたては前菜に、冷めたらデザートとして食べるそうです。
★ニンジンケーキ
クッキーに砂糖で煮たニンジンとチョコレートを重ねて作り、簡単でとても甘いデザートです。スペインでは、子どものデザートとしてよく作られるそうです。

■ 講演会「スペインを知ろう」

講演会「スペインを知ろう」 講演会では、スペインの国について話を聞きました。
 ダビさんの出身地であるバルセロナといえば、サグラダ・ファミリアに代表されるアントニ・ガウディの建築作品がとても有名です。コンサートが行われたり、夜にライトアップされ様々なイベントが行われたりするものもあるそうです。
 その他、スペインの様々な地域について、たくさんお話をいただきました。

 次回の国際理解講座は、平成28年11月ごろに開催する予定です。


小郡市役所 企画課 男女共同参画推進係
〒838-0198 小郡市小郡255番地1(本館2階)
TEL:0942-72-2111(代表)内線222 / FAX:0942-73-4466
メールでのお問い合わせはこちらから

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。
 役に立った
 ふつう
 役に立たなかった
 見つけやすかった
 ふつう
 見つけにくかった



小郡市役所
〒838-0198 福岡県小郡市小郡255番地1 (代表) 0942-72-2111 (FAX) 0942-73-4466
[開庁日・開庁時間] 平日午前8時30分~午後5時 (土日祝日、年末年始を除く)
Copyright (c) 2012 Ogori City All right reserved.