ホーム 市政情報 市の概要 市の紹介 市のあらまし

市のあらまし

位置と地勢

tizu.jpg 本市は、福岡県の南部、筑紫平野の北、佐賀県との県境に位置し、南東を大刀洗町 、久留米市に、西は佐賀県、北東は筑紫野市、筑前町にそれぞれ接している、東西6キロメートル、南北12キロメートルにわたる区域です。
総面積は45.51平方キロメートルあり、筑後川と宝満川が合流するデルタ地帯に位置し、東北の台地には標高130.6メートルの花立山があり西北丘陵地帯は、なだらかな丘陵が連なりため池が点在しています。
 また、市の中央部を南北に貫流する宝満川を挟んで、西側に住宅地帯、東側に田園地帯が広がっています。
 

沿革

 本市の歴史は古く、縄文期以降の三沢遺跡、花立山古墳をはじめとして数多くの遺跡、古墳などが散在し、日本書記に「筑紫小郡」が記されています。筑前、筑後、肥前の境界に位置し、大宰府にも近く、古くから交通の要衝であり、奈良時代には「小郡官衙(かんが)」が置かれ、江戸時代には「坊の津街道」「筑前街道」が松崎周辺を通過し、宿場町として栄えていました。
 明治時代に国道3号、国鉄鹿児島本線等の近代的交通網からはずれ、交通の要衝という地域発展の条件を失いましたが、大正13年には西鉄大牟田線の福岡、久留米間が開通しました。
明治22年、町村制の施行により小郡村が誕生。
昭和28年、小郡村から小郡町となり、昭和30年に三国村、立石村、御原村、味坂村の1町4村が合併し、小郡町になりました。
 そして、人口急増により昭和47年に市制を施行し、その後も、市北部の住宅開発等により人口の増加が続き現在に至っています。

交通条件

 市域を九州自動車道と大分自動車道の二つの高速道路が通り、市内および隣接にインターチェンジが建設されたことにより、短時間で広範囲の都市との連絡を可能にしました。
 また、市内を東西に走る国道500号を中心として、縦横に県道や市道などの生活道路が張り巡らされています。
鉄道は、西鉄天神大牟田線が市域を南北に貫き、小郡駅をはじめ7つの駅があり、東西に通じている甘木鉄道では5つの駅があります。
 県都福岡市へは鉄道で30分の距離にあり交通の便がよい都市です。

産業

 農業は、本市の基幹産業として位置付けされ、農業の振興を行ってきました。
 農業を取り巻く環境は年々厳しさを増しておりますが、農業の持続的発展を図るため、農村と都市住民との交流が課題となっています。
 商業は、自動車社会の定着により、商業ゾーンが変化しており、時代の流れに即応した商店街の形成や商業の活性化等が大きな課題となっています。
 工業は、干潟工業団地、上岩田工業団地を中心として事業所が立地しています。
さらに、交通ネットワークの整備に伴うインターチェンジの開通などにより、物流基地としての機能も期待されています。
観光は、将軍藤や松崎の桜馬場、花立山など四季折々の豊かな自然と豊富な埋蔵文化財など、自然資源や歴史資源と連携した観光振興に期待が寄せられています。

市の木・花・鳥

昭和57年、市制施行10周年を記念して制定

市の木 『 くすのき 』

kusunoki.gif

 水と緑、豊かな自然を象徴するかのように、大地にしっかり根を張りたくましくのびています。

 市勢の発展、伸びゆく小都市の力強さ、たくましさを強く感じさせる木です。

市の花 『 ふじ 』

fuji.gif

  県指定天然記念物「将軍藤」が福童の大中臣神社にあり小都市のシンボルとして親しまれています。

 樹齢650年以上、根元周囲3メートルに及び、開花時には見事な淡い紫色の花を咲かせる上品で優雅な花です。

市の鳥 『 しらさぎ 』

tori.gif

  小郡音頭にもうたわれ、市内随所に飛び交っています。

 群れをなして飛ぶ光景は情緒があり、田園都市としての市の発展を見守っているようです。

 


小郡市役所 総務課 広報統計係
〒838-0198 小郡市小郡255番地1(本館2階)
TEL:0942-72-2111(代表)内線243 / FAX:0942-73-4466
メールでのお問い合わせはこちらから

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。
 役に立った
 ふつう
 役に立たなかった
 見つけやすかった
 ふつう
 見つけにくかった



小郡市役所
〒838-0198 福岡県小郡市小郡255番地1 (代表) 0942-72-2111 (FAX) 0942-73-4466
[開庁日・開庁時間] 平日午前8時30分~午後5時 (土日祝日、年末年始を除く)
Copyright (c) 2012 Ogori City All right reserved.