ホーム かんたん検索 保険・税

保険・税

健康・福祉 / 介護保険 / 介護保険で受けられるサービス



要支援の方

 要支援1・2と認定された方は、心身の状態が維持・改善される可能性が高い方であり、生活機能の維持・向上の観点から創設された介護予防サービスを利用します。
 また、要支援者は介護予防の観点から、介護保険施設への入所はできません。

介護予防サービスとは

 介護予防サービスは、要介護1~5の方が利用する在宅サービスに筋力向上や栄養改善、口腔機能の向上など介護予防を目的とした内容が組み込まれたものです。また、自分でできることは自分で行い、できないことは介護予防サービスを活用しながら心身の改善を図ります。
 介護予防とは、介護が必要な状態になることの予防や、介護が必要な状態になっても悪化の防止を図ることを言います。

筋力向上・・・立ち上がりや歩行に必要な筋力をつけたり、転倒予防のための訓練をします。
栄養改善・・・栄養士等が栄養バランスのとれた食事のとり方などについて個別に相談をします。
口腔機能の向上・・・歯科衛生士等が歯や舌の汚れをチェック。しっかり噛んだり飲み込むための指導をします。

サービスを受けるための手続き

介護予防サービスを利用するまでの手続き

(介護老人福祉施設・介護療養型医療施設・介護老人保健施設の利用はできません)

ケアプラン作成の依頼

地域包括支援センター等へ介護保険証を添えて申込み、
ケアプランの作成を依頼します。

ya.jpg

 
ケアプランの作成
1.  地域包括支援センター等の担当者が自宅を訪問して、本人の心身や生活の状況を調査します。   
2.  調査結果をもとに、今後の目標やどのような支援が必要かなどを決めて、ケアプランの原案をまとめます。   
3.  原案をもとに、利用者・家族、地域包括支援センター等で検討を行い利用者または家族の同意を得てケアプランを作成します。   
     

ya.jpg

サービス提供事業者と契約

介護予防サービスを行うサービス提供事業者と契約を結びます。

ya.jpg

介護予防サービスの利用

ケアプランに基づいてサービス利用

 まずは、介護保険課内にある地域包括支援センターと契約を結び、ケアプランに基づいてサービスを利用します。

 

◆小郡市地域包括支援センター 
  直通番号 0942-72-7551      月曜日~金曜日 8時30分から17時00分

施設に通ったり、宿泊したりして利用するサービス

● 介護予防通所サービス(デイサービス)
 通所介護施設で、入浴、排せつ、食事等の日常生活上の支援などを受けます。また、「機能向上」、「栄養改善」、「口腔機能の向上」などのサービスを選択し、組み合わせて利用して、生活機能の向上を図ることもできます。

● 介護予防通所リハビリテーション(デイケア)
 医療機関や介護老人保健施設などで、リハビリテーションなどを受けます。また、「機能向上」、「栄養改善」、「口腔機能の向上」などのサービスを選択し、組み合わせて利用して、生活機能の向上を図ることもできます。

● 介護予防短期入所生活介護(ショートステイ)

● 介護予防短期入所療養介護(医療型ショートステイ)
 一時的に自宅でのサービス利用ができな場合に短期間、介護老人保健施設や介護療養型医療施設などに入所して、介護予防を目的とした入浴、排せつ、食事等の介護や看護及び機能訓練などを受けます。

 

※ 福祉施設で日常生活上の介護を受ける「生活介護」と医療系の施設で医療上のケアを含む介護を受ける「療養介護」があります。
※ 費用は施設の種類によって異なります。
※ 滞在費・食費は自己負担となります。

自宅で利用するサービス 

● 介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)
 自分ではできない日常生活上の行為がある場合に、ホームヘルパーが自宅を訪問して、介護予防を目的とした入浴、排泄、食事等の介護、その他日常生活上の支援を行います。

● 介護予防訪問リハビリテーション
 専門職が自宅を訪問して、介護予防を目的とした短期集中的なリハビリテーションなどを行います。

● 介護予防訪問入浴介護
 自宅に浴室がないなどの場合に限り、浴槽を積んだ入浴車などが自宅を訪問して、介護予防を目的とした入浴の介助などを行います。

● 介護予防訪問看護
 看護師などが自宅を訪問して、介護予防を目的とした療養上の世話または必要な診療の補助を行います。

● 介護予防居宅療養管理指導
 医師、歯科医師、薬剤師などが自宅を訪問して、介護予防を目的とした療養上の管理や指導を行います。

生活環境を整えるサービス

● 介護予防福祉用具貸与
 ・ 貸出料の1割を負担して介護予防に役立つ福祉用具を一定期間借りられます。
 ・ 月々の「介護予防サービス」支給限度額の範囲内で利用します。
※貸出料は用具の種類や事業者によっても異なります。
 詳しくは→ 軽度者に対する福祉用具貸与の例外給付の取扱いについて (PDF:306KB)


● 特定介護予防福祉用具購入
 排せつや入浴など貸与になじまない福祉用具の中で介護予防に役立つ福祉用具の購入ができます。
 詳しくは→ 介護保険福祉用具購入費の支給について (PDF:155KB)

● 介護予防住宅改修費の支給
 介護予防に役立つ住宅改修をした場合に、改修費用を支給します。
 ※事前審査制となっています。必ず事前に介護保険課窓口への申請をして審査を受けてください。
 詳しくは→ 介護保険住宅改修費の支給について (PDF:146KB)

 

〈バリアフリーアドバイザー派遣制度〉
 急速に進行する高齢化への対応など、安全で安心な住まいへの関心が高まっています。この制度は、建築士等の専門家を自宅へ派遣し、的確なアドバイスを行い、バリアフリー等の住宅性能の向上を促進することを目的としています。

 詳しくは→福岡県建築住宅センターのページ【外部リンク】をご参照ください

 

【対象】介護保険制度や福岡住みよか事業等を利用して、バリアフリー改修工事を検討されている方
【費用】無料
【問い合わせ先】派遣事務局:(財)福岡県建築住宅センター企画情報部住情報課
                           TEL:092-781-5169 FAX:092-715-5230

施設に入居している方へのサービス 

●介護予防特定施設入居者生活介護
有料老人ホームなどの特定施設に入居している方が、介護予防を目的とした入浴、排せつ、食事等の介護や機能訓練及び療養上の世話を受けます。
小郡市役所 介護保険課 介護保険係
〒838-0198 小郡市小郡255番地1(本館1階)
TEL:0942-72-2111(代表)内線452,453 / FAX:0942-73-4466
メールでのお問い合わせはこちらから





小郡市役所
〒838-0198 福岡県小郡市小郡255番地1 (代表) 0942-72-2111 (FAX) 0942-73-4466
[開庁日・開庁時間] 平日午前8時30分~午後5時 (土日祝日、年末年始を除く)
Copyright (c) 2012 Ogori City All right reserved.