ホーム かんたん検索 各種相談

各種相談

くらし / 防災 / 平成29年7月九州北部豪雨関連



平成29年7月九州北部豪雨災害避難者の方への支援を行っています

小郡市では、平成29年7月九州北部豪雨によって被災し、市内へ避難されている方を対象に支援を行っています。
各支援内容の詳細については、担当課へ直接お問い合せください。
担当課へお問い合せの際は、0942-72-2111(代表)にかけ、内線番号を伝えてください。
分野 支援内容 担当課 内線番号 e-mail
住居関連 ○市営住宅の提供
市営住宅の空き状況を把握し、被災者からの要請があれば、対応する。
・入居期間 原則6ヵ月 (期間は、最長1年間とする)
・家賃及び敷金 無償
・駐車場使用料金及び保証金 無償
都市計画課    
建築指導係 内線
353・354
kenchiku@
city.ogori.lg.jp
保健・
医療関連
○国民健康保険・後期高齢者医療等の一部負担金の猶予・免除について
被災状況に応じて、一部負担金の猶予・免除等の対応を行う。
(猶予・免除を希望される方は、事前に猶予・免除証明書の交付をうける必要があります。)
○国民健康保険税、後期高齢者医療保険料の減免等
被災状況に応じて、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料の減免等の対応を行う。
国保年金課    
国保係 内線
424・425
kokuho@
city.ogori.lg.jp
医療・年金係 内線
422・423
iryo@
city.ogori.lg.jp
定期予防接種の実施
住所地以外で定期予防接種を受けるときに必要な「医療機関への依頼書」を住所地の市町村が発行できない場合に小郡市が発行する。
接種費用については住所地の市町村が対応できない場合は小郡市が負担する。
健康被害の救済については住所地の市町村の対応とする。
○妊婦健康診査
災害救助法の適用地域の居住者で受診券がない方については受診券を発行する。費用は小郡市が負担する。
○母子健康手帳の発行
○妊産婦新生児の訪問の実施
○乳幼児健康診査の実施
健康課    

健康推進係

 

 

 

 

内線
462・463
kenko@
city.ogori.lg.jp
福祉関連 ○介護保険サービスにおける利用料等の猶予について
被災地から市内に避難された方で、利用料等の支払いが困難になった被保険者が介護保険サービス等を利用された場合、利用料等の支払いを猶予することができるよう取り扱う。
○介護保険料の減免等
被災地から本市に転入された方については、介護保険料の減免等の対応を行う。
介護保険課    
介護保険係 内線
452・453
kaigo@
city.ogori.lg.jp
○生活保護の認定
認定にあたり、県と協議しながら進める。
○障害福祉サービス、施設入所、補装具及び日常生活用具について
・障害者支援施設等においては、定員を超過して要援護障害者等を受け入れる。
・居宅介護及び重度訪問介護については、避難所等の避難先を居宅とみなしてサービス提供する。
・補装具や日常生活用具について、耐用年数等の如何にかかわらず支給・給付する。
・被災により市内に避難された障害者の方で、障害福祉サービス受給者証を紛失又は自宅等に残したまま避難し、提示できない場合でも、利用者の氏名、生年月日、居住地を確認し障害福祉サービス及び指定施設支援とし て取り扱う。
・利用者負担の免除や支払いを猶予することができるよう取り扱う。
・新規の支給決定や支給決定の変更手続きを、通常の手続きがとられない場合には簡易な手続きを行う。
○自立支援医療関係
・育成医療、更生医療の支給認定
被災地から市内に避難された障害者の方の育成医療及び更生医療の支給認定を行う。
・精神通院医療の申請受付
被災地から市内に避難された精神障害者の方の精神通院医療の申請受付を行う。(支給認定は県が行う。)
・自立支援医療受給者証を提示できない場合においても、医療機関において自立支援医療受給者証の交付を受けていることを申し出、氏名、生年月日及び住所を確認することにより、受診することができる。また、緊急の場合は、受診する医療機関と自立支援医療受給者証に記載する医療機関が異なる場合でも受診することができる。
福祉課    
生活福祉係 内線
443・444
seikatsu@
city.ogori.lg.jp
障がい者
福祉係
内線
442・446
fukushi@
city.ogori.lg.jp
子ども・
教育関連 
○幼児・児童・生徒の幼稚園及び小・中学校への受入れ
被災地から市内に避難された幼児・児童・生徒の就園・就学機会を確保するため、受入れの希望があった場合には、市立幼稚園及び小・中学校に通園・通学できるよう、柔軟に対応する。
教務課    
教務係 内線
512・514
kyomu@
city.ogori.lg.jp
○就学前児童の保育所への受入れ
被災地から市内に避難された児童の保育を確保するため、受入の希望があった場合には、保育所の空き状況に応じて柔軟に対応する。
子育て支援課    
子育て支援係 内線
472・473
kosodate@
city.ogori.lg.jp
生活支援
関連
○下水道使用料の減免
被災後に市内に避難され、下記住宅に避難された被災者の下水道使用料を減免する。
・対象物件
1.市営住宅
2.県営住宅
3.公社住宅(福岡県住宅供給公社が管理するもの)
・減免内容  全額免除
・減免期間  6ヶ月
・必要なもの 罹災証明
下水道課    
管理係 内線
342・343
gesuido@
city.ogori.lg.jp
○被災避難者への就農相談
被災者の方が就農を希望する場合、就農に関する相談等を受ける。
農業振興課    
農政係 内線
112・113
noshin@
city.ogori.lg.jp
その他 ○義援金の受付
本庁舎・あすてらす・生涯学習センター・市図書館・各校区公民館にて義援金の受付けを行っている。
総務課    
総務係 内線242 somu-s@
city.ogori.lg.jp
○市図書館の利用
以下の市町村に避難している場合には、図書利用カードを交付し市図書館の図書資料の貸出利用を行う。
小郡市・久留米市・鳥栖市・基山町 
○弁償の免除
以下の市町村に居住している利用者は、今回の被災によって市図書館から貸出しを受けた資料が汚損・破損した場合、罹災証明を提出することにより弁償を免除する。
■朝倉市・東峰村・うきは市・筑紫野市・筑前町・久留米市・大刀洗町
※上記市町村が対象となるのは、北筑後地区公共図書館等協議会の広域利用に関する協定を結んでおり、通常時から市町村間における相互利用を行っているため。
図書・文化課    
図書係 内線542 tosyokan-bunka@
city.ogori.lg.jp
○リユース家具の提供
災害により避難された方を対象に、リユース家具を無料で提供する。
【家具品目】
テーブル10点、いす10点、ベッド10点、棚5点、たんす3点程度
※1世帯1点まで。配送は行わないので、ご自身での持ち帰りに限る。
【提供場所】
クリーンヒル宝満
住所:筑紫野市大字原田1389番地
TEL:092(926)5300 FAX:092(926)3587
時間:平日9時から16時まで(昼休み12時から13時まで)
生活環境課    
リサイクル
推進係
内線153 recycle@
city.ogori.lg.jp
小郡市役所 総務課 総務係
〒838-0198 小郡市小郡255番地1(本館2階)
TEL:0942-72-2111(代表)内線242 / FAX:0942-73-4466
メールでのお問い合わせはこちらから





小郡市役所
〒838-0198 福岡県小郡市小郡255番地1 (代表) 0942-72-2111 (FAX) 0942-73-4466
[開庁日・開庁時間] 平日午前8時30分~午後5時 (土日祝日、年末年始を除く)
Copyright (c) 2012 Ogori City All right reserved.