ホーム かんたん検索 事業者の方へ

事業者の方へ

市政情報 / 計画・行革・広域行政 / 広域行政



連携中枢都市圏構想

連携中枢都市圏構想とは

 連携中枢都市圏構想とは、人口減少・少子高齢化社会にあっても、地域を活性化し経済を持続可能なものとし、国民が安心して快適な暮らしを営んでいけるようにするためには、地域において、相当の規模と中核性を備える圏域の中心都市が近隣の市町村と連携し、コンパクト化とネットワーク化により「経済成長のけん引」、「高次都市機能の集積・強化」及び「生活関連機能サービスの向上」を行うことにより、人口減少・少子高齢化においても一定の圏域人口を有し活力ある社会経済を維持するための拠点を形成することを目的とする構想です。

【連携する取組】
ア 圏域全体の経済成長のけん引
産学金官民一体となった経済戦略の策定、産業クラスターの形成、地域資源を活用した地域経済の裾野拡大、戦略的な観光施策など

イ 高次の都市機能の集積・強化
高度な医療サービスの提供、高度な中心拠点の整備・広域的公共交通網の構築、高等教育・ 研究開発の環境整備など

ウ 圏域全体の生活関連機能サービスの向上
生活機能の強化に係る政策分野、結びつきやネットワークの強化に係る政策分野、 圏域マネジメント能力の強化に係る政策分野など

連携中枢都市圏構想推進要綱(PDF:312KB)

久留米広域連携中枢都市圏

 国は地方圏から3大都市圏への人口の流出を食い止め、地方圏への流れを創出することを 目的として、平成20年から「定住自立圏構想」を推進してきました。しかし、地方圏の拠点と なるべき大都市の中に、この構想に取り組む都市が少なく、地方圏から大都市圏への人口流出 がさらに進みました。このことを踏まえ、国は、平成26年に新たに、20万人以上の都市を 連携中枢都市とする「連携中枢都市圏構想」を策定しました。
 久留米圏域(久留米市、大川市、小郡市、うきは市、大刀洗町、大木町)においては、 平成22年4月から久留米広域定住自立圏を形成して、生活関連機能サービスの充実を中心 とした様々な施策を実施して参りましたが、いまだ本圏域から大都市圏への人口流出に歯止めが かかっていないことに併せて、国の新たな広域行政の構想が策定されたことを踏まえ、 これまでの定住自立圏の取組みの実績を活かして「久留米広域連携中枢都市圏」へ移行し、 圏域住民が安全で安心して暮らすことができる生活関連機能サービスの充実はもとより、 新たな雇用の場の創出や都市機能の強化など、地域の活力を生み出す様々な施策に取り組む こととしました。

連携中枢都市宣言書(平成27年11月2日)(PDF:786KB)

連携協約の締結

 平成28年2月23日に、久留米市、大川市、小郡市、うきは市、大刀洗町、大木町の4市2町の首長が一堂に会した「久留米広域連携中枢都市圏連携協約締結式」を開催し、福岡県内では初めて、九州では2番目となる連携中枢都市圏の形成に係る連携協約を締結しました。
 これにより「久留米広域連携中枢都市圏」を形成し、人口減少社会の進行を見据えて、圏域内の住民の皆様が安心して快適な暮らしを営むことができる活力ある経済圏、生活圏を築くため、「圏域全体の経済成長のけん引」、「高次の都市機能の集積・強化」、「圏域全体の生活関連機能サービスの向上」など、幅広く連携事業を実施します。

久留米市と小郡市における久留米広域連携中枢都市圏形成に係る連携協約(PDF:1,547KB)

連携中枢都市圏ビジョンの策定

 連携協約締結の同日(平成28年2月23日)に、久留米市、大川市、小郡市、うきは市、大刀洗町、大木町の4市2町により、「住み続けたい、暮らしてみたい、訪れてみたい魅力ある久留米広域連携中枢都市圏の創造」を将来像とし、5年後の圏域人口の維持(減少抑制)を目標に定め、その実現に向けた具体的な取組を記載した「久留米広域連携中枢都市圏ビジョン」を策定しました。
 これまで、圏域を構成する4市2町及び各市町議会、産学金官民の有識者で構成する久留米広域連携中枢都市圏ビジョン」に基づき、圏域自治体の連携による取組を開始します

久留米広域連携中枢都市圏ビジョン(平成28年2月策定)(PDF:2,240KB)
久留米広域連携中枢都市圏ビジョン(平成28年7月改訂)(PDF:2,748KB) 

アンテナショップ「福岡 久留米館」がオープンします

久留米市、大川市、小郡市、うきは市、大刀洗町、大木町の4市2町で形成する久留米広域連携中枢都市圏で、本圏域の知名度を広げ、全国にファンをつくり、本圏域への交流人口・移住人口の増加及び特産品の販路拡大に繋げていくことを目的に、取組を進めてきました久留米広域連携中枢都市圏アンテナショップ「福岡 久留米館」が平成29年7月22日に東京新橋にオープンします。

■ 「福岡 久留米館」ホームページを公開しました

平成29年7月22日のオープンに先駆け、アンテナショップのホームページを公開しました。
アンテナショップの詳細につきましては福岡 久留米館ホームページ【外部リンク】をご覧ください。

■ 店舗情報

営業日時:年中無休(年末年始を除く)、10時~20時
住所:東京都港区新橋2-19-4 SNTビル 1・2階(東京メトロ銀座線「新橋駅」2番出口すぐそば)

アンテナショップ「福岡 久留米館」で取り扱う特産品の募集について

小郡市は、アンテナショップ「福岡 久留米館」で取り扱う特産品を募集しています。

■ 目的

アンテナショップでは、小郡市と近隣の3市2町(久留米市、大川市、うきは市、大刀洗町、大木町)で形成される久留米広域連携中枢都市圏、その圏域の強みである四季折々のフルーツをはじめとした農産物、圏域の全21酒蔵で醸造された地酒、焼き鳥、ラーメン、菓子類、飲料水等の多種多様な食料品、長年の歴史の中で育んできた久留米絣や藍胎漆器、木工製品、い草製品などの各種伝統工芸品を展示して、全国に圏域の特産品の知名度を向上させ、特産品のファンを増やして、販売促進、販路拡大に繋げることを目的としています。したがって、単なる商品納品先の一つではないことをご理解ください。

■ 取扱商品選定の流れ

1.「アンテナショップ取扱商品エントリーシート」の提出

アンテナショップで商品の取扱いを希望する事業者は、別添の「アンテナショップ取扱商品エントリーシート」に必要事項を記入し、下記の提出先にメール又は郵送にて提出してください。

提出先
〒838-0198 小郡市小郡255番地1 小郡市総務部企画課
kikaku@city.ogori.lg.jp

2.商品の選定

提出されたエントリーシートの内容について、「久留米広域連携中枢都市圏アンテナショップの取扱商品選定基準」により審査した上で、アンテナショップ運営連絡会議(久留米市、大川市、小郡市、うきは市、大刀洗町、大木町で構成)及び運営事業者で調整・協議を行い、アンテナショップで取り扱う商品を選定します。

3.取引条件等の協議

仕入れ方法や取引条件、取扱時期などの諸条件については、取り扱う商品に選定された事業者と運営事業者で協議を行います。

■ 選定要件

1.久留米広域連携中枢都市圏の圏域内で生産・製造された商品
2.原材料が久留米広域連携中枢都市圏の圏域で生産・製造された商品
3.久留米広域連携中枢都市圏の圏域にゆかりがあると認められる商品
4.久留米広域連携中枢都市圏の圏域内の事業者等を通じて仕入れが可能な商品

上記の要件に加え、各種法律に定められた表示義務に対応していること。
詳細は久留米広域連携中枢都市圏アンテナショップの取扱商品選定基準を参照。

■ 申込方法等

1.申込方法
「久留米広域連携中枢都市圏アンテナショップの取扱商品選定要領」及び「久留米広域連携中枢都市圏アンテナショップの取扱商品選定基準」を熟読の上、以下の提出書類をご記入いただき、メール又は郵送にて申し込みください。

2.提出書類
(1)アンテナショップ取扱商品エントリーシート
【注意】入力必須項目については必ず入力してください。不足項目がある場合、エントリーを受け付けられない場合があります。
【注意】内容量や商品サイズが異なる商品については、商品ごとにエントリーシートを作成、提出してください。

(2)誓約書
【注意】誓約書の提出は、アンテナショップ取扱商品エントリーシートの初回提出時のみとなります。

3.申込期限
随時受付
※毎月20日までの受付分について、翌月10日に選定結果の通知を行い、同日以降に条件等の協議を開始します。

久留米広域連携中枢都市圏アンテナショップの取扱商品選定要領(PDF:168KB)
久留米広域連携中枢都市圏アンテナショップの取扱商品選定基準(PDF:141KB)
アンテナショップ取扱商品エントリーシート(食料品)(Excel:45KB)
アンテナショップ取扱商品エントリーシート(非食料品)(Excel:44KB)
誓約書(PDF:137KB)

小郡市役所 企画課 企画政策係
〒838-0198 小郡市小郡255番地1(本館2階)
TEL:0942-72-2111(代表)内線224 / FAX:0942-73-4466
メールでのお問い合わせはこちらから





小郡市役所
〒838-0198 福岡県小郡市小郡255番地1 (代表) 0942-72-2111 (FAX) 0942-73-4466
[開庁日・開庁時間] 平日午前8時30分~午後5時 (土日祝日、年末年始を除く)
Copyright (c) 2012 Ogori City All right reserved.