ホーム かんたん検索 出産・育児

出産・育児

category03_img_10.png

 

健康・福祉 / 年金・医療保険 / 医療費の助成



子ども医療費の助成

平成28年10月1日から子ども医療制度が変わりました!

-1.jpg

詳細は、こちら(表PDF:1,174KB)、(裏PDF:637KB)をご覧ください。

子どもの通院・入院の自己負担分の一部を助成します。
また、市独自の取組として、中学生の入院の一部負担金を除く自己負担分を助成します。
平成28年10月1日より所得制限を撤廃しました。

◆変更後の自己負担限度額(月額)
区分 通院 入院 医療証
3歳未満 無料 無料
3歳以上~就学前 800円 無料
小学生 1,200円 500円/日(月7日限度)
中学生   500円/日(月7日限度) 償還払い
1月あたり、1医療機関ごと  

■ 助成を受けることが出来る人

・市内に住所がある人
・健康保険に加入している人
・生活保護を受けていない人
・ひとり親家庭等医療の対象者以外の人(小学生以上)

■ 医療証交付の手続きに必要なもの

・子どもの健康保険証
・印鑑
 +
・所得のわかるもの(源泉徴収票・確定申告書の写し等)
  (3歳以上の子どもの保護者で単身赴任又は1月2日以降に転入された方)

■ 医療証を持っている子どもが県外の病院等で治療を受けたとき

医療証が適用されないため、一旦自己負担していただきます。
その後、申請により差額を振込みます。5年間申請できます。

<申請に必要なもの>
・ 病院の領収書
・ 子ども医療証
子どもの健康保険証
・ 印鑑
・ 振込口座のわかるもの(通帳)
・ 医療費支給申請書(PDF:91KB) ※窓口にも置いています
※高額な場合やご加入の保険の種類によって別途書類が必要な場合があります。
申請の際はお尋ねください。

■ 中学生が入院したとき(市独自助成)

保険証・限度額認定証を用いて、病院で医療費を精算いただき、後日申請により、本人(保護者) 口座へ振込みます。但し、差額ベッド代・食費など保険適用されないものは除きます。

<申請に必要なもの>

・本人(中学生)の健康保険証
・限度額認定証
・病院の領収書
・振込口座のわかるもの(通帳)
・印鑑
 +
・高額療養に該当する場合・・・健康保険からの「高額療養費支給決定通知書」
・付加給付がある場合(健康保険組合、共済組合等)・・・療養費支給証明申請書 (PDF:71KB)
・1月2日以降に転入された方など・・・所得のわかるもの(源泉徴収票・確定申告書の写し等)
※中学生の入院助成方法、高額療養費について (PDF:97KB)

 なお、マイナンバーは、生計維持者が単身赴任等で別居の場合など、平成29年度以降、所得情報の職権確認を希望される場合のみ記入ください。
 (H28年度は所得証明書等の提出が必要となります。)

 マイナンバー記載の申請書を提出される場合は、窓口へ直接提出いただくか、書留郵便を推奨いたします。

■ 子ども医療証の更新について

更新手続きは不要ですが、生計維持者の所得が不明な場合は、別途照会します。
  1、3歳になる場合
      3歳到達月(1日生は前月)に郵送します。
  2、小学生になる場合
      入学前の3月に郵送します。

小郡市役所 国保年金課 医療・年金係
〒838-0198 小郡市小郡255番地1(本館1階)
TEL:0942-72-2111(代表)内線422,423,427 / FAX:0942-73-4466
メールでのお問い合わせはこちらから





小郡市役所
〒838-0198 福岡県小郡市小郡255番地1 (代表) 0942-72-2111 (FAX) 0942-73-4466
[開庁日・開庁時間] 平日午前8時30分~午後5時 (土日祝日、年末年始を除く)
Copyright (c) 2012 Ogori City All right reserved.