小郡市ホーム Web市長室 市長の動き 平成29年度 平成30年2月

平成30年2月

2月28日(水)女性創業者を応援します!

 女性の皆さんの創業を応援する「おうち起業応援講座」のフォローアップ講座の最終回が28日、生涯学習センターで行われ、意見交換をしました。
 この講座は、得意なことや好きなことを仕事にできないかという起業講座で、昨年に7回の講座を行い、今回は、受講生のフォローアップとして、行われました。
 意見交換の場では、創業を考える皆さんが集える場や講座開設、ワンデイ販売のイベントの場づくり、子育て中でもトライアルしやすい環境づくりなど、さまざまな要望をいただきました。
 皆さんの活躍をしっかりと応援して、スモールビジネスが次々生まれてくるようなまちを目指していきます。皆さんでつながりながら、一緒にがんばりましょう!!

2月27日(火)まち協との意見交換会が8校区すべて終了しました

 全8校区のまちづくり協議会の皆さんと、これからのコミュニティ政策について、意見交換をする会が、27日の立石校区・小郡校区で終了しました。
 公民館をコミュニティセンターとして位置づけを変え、まちづくりの取り組みがしやすい環境を整備することと、各校区で将来像を描くまちづくり計画の提案を行いました。
 これまでの活動でうまくいっていることは継続、見直しが必要なところはご検討いただき、行政主導で取り組んできたことを基本に、今後は地域主導での取り組みに発展させていくことが基本的な考え方です。
 地域は1日してならず…時間をかけながら、地域で強くつながっていきましょう!!

2月27日(火)「(有)共栄資源管理センター小郡」が健康経営優良法人に認定されました!

 小郡市内の一般廃棄物処理会社「共栄資源管理センター小郡」が、昨年に引き続き、経済産業省から優良な健康経営を実施していることが認められ、今年度の「健康経営優良法人2018」に認定されました。
 「共栄資源管理センター小郡」の野﨑社長は、自らが患った病気をきっかけに、従業員の健康管理のために、健康づくりアドバイザーによる定期的な保健指導を受けることやインフルエンザ予防接種希望者への全額補助等の様々な取り組みを行っています。このことが高く評価され、今回の認定につながりました。また野﨑社長は、「社員自らが健康づくりに主体的に関わっていただき、各地域で行われている健康づくりに対し、関心を持ってほしい」と話されました。
 健康づくりに熱心に取り組む野﨑社長の高い意識に大変感謝しています。ぜひ、市内の他企業の方々も、積極的に社内での健康づくりに取り組んでいただきたいと思います。
2月27日(火)「(有)共栄資源管理センター小郡」が健康経営優良法人に認定されました!

▲クリックすると拡大されます

2月26日(月)「顔と顔」でまちづくりを!

 福岡市天神で行われた第14回「山賊の酒盛り会」に、26日参加しました。
 この会は、13年で164回を数える毎月開催の異業種勉強会「天神サロン」が、年1回夜間特別例会として開いているもので、小川福岡県知事や福岡経済界の皆さんが、にぎやかに集いました。
 今年は、秋の叙勲で、旭日大綬章を受けられました麻生渡前知事のお祝いもかねて開催されました。
 麻生前知事は、さまざまなネット社会の中で、顔と顔を合わせる会の大切さを述べられ、今後さらに、半導体の新しいビジネスを、若者と立ち上げていきたいと、抱負を述べられていました。
 小郡市でも、このような異業種の勉強会、そして、飲みながら自由に意見を交わせる場が必要ですね。「顔と顔」を合わせることから、新しい“つながる力”が生まれます!
2月26日(月)「顔と顔」でまちづくりを!

▲クリックすると拡大されます

2月26日(月)来年度予算などをはかる市議会が始まりました!

 平成30年第1回小郡市議会定例会が、26日始まりました。
 この議会には、来年度の一般会計予算、特別会計予算などの議案を提案しています。
施政方針は、別途ホームページに掲載しておりますが、人生100年時代を安心して迎える、市民・地域・行政の連携で「つながるまち小郡」を推進するための施策を示しています。 とくに、7月を目途に行う機構改革では、マニフェスト推進のための組織体制づくりを提案しています。
 報告2件、規約の変更1件、条例の一部改正14件、条例の制定4件、補正予算4件、平成30年度の予算の承認8件、市道の認定及び路線変更1件の計34件について、議員の皆さんの専門的な見地からのご審議をお願いしています。
 お時間のある方は、一般質問などが行われる時に、議場に足をお運び下さい。

2月25日(日)元気な子どもたちの熱演に感動!

2月25日(日)元気な子どもたちの熱演に感動! 児童劇団つばさ第32回定期公演が、25日小郡市文化会館大ホールで行われました。
 今回の公演では、創作ミュージカル『花立山の姫御前~愛するみんなと生きるために~』が上演されました。
 児童劇団つばさは、毎回の公演で、小郡市の風土や歴史、人物などを題材にした創作劇を通2月25日(日)元気な子どもたちの熱演に感動!じて、人の心や自然保護の大切さを訴えています。
 今回のステージは、花立山に住むさまざまな動物たちや人が織りなす愛情と友情のミュージカルとなっており、とても心がほっとするストーリーで感動しました。また、地域のみなさんも賛助出演され、名脇役ぶりでした。
 これからも、しっかりと活動を引き継ぎ、頑張ってほしいです!

2月25日(日)ネコ司書大人気!行列もできました!

2月25日(日)ネコ司書大人気!行列もできました!  小郡市立図書館に、25日「ネコ司書」が登場し、来場者とのふれあい会が行われました。
 開館30周年を記念して、2月22日を“にゃんにゃんにゃん”の日としたネコイベントを展開しました。ネコをテーマにした図書コーナーやエントランスで、ネコ司書2匹を抱っこできるスペースが設けられ、カウンターにはネコ耳をつけた職員も登場しました。
 みなさん、これからも図書館をご利用いただき、ご自宅でゆっくりネコろんでの読書タイムを…!
 2月25日(日)ネコ司書大人気!行列もできました!  2月25日(日)ネコ司書大人気!行列もできました!2月25日(日)ネコ司書大人気!行列もできました! 2月25日(日)ネコ司書大人気!行列もできました! 

2月25日(日)御原でサークル発表会、多彩な芸を堪能しました

 「第25回御原校区公民館サークル発表会」が、25日行われました。
 サークル発表会では、各人がさまざまな趣味を日頃から磨き、練習されたその成果を発揮する舞台となっています。晴れ舞台ということもあり、緊張されていた方もいたようですが、大正琴や詩吟、リフォームをされた洋服のファッションショーなどが披露され、皆さんの多才ぶりには驚きました。
 私は、公民館に伺う度に、サークル活動を終えた方々が、笑顔で出てこられるところをよく見かけていました。それぞれの趣味で良い汗をかき、いきいきとされている姿は、本当に素敵です。
 これからも、みなさんのより一層元気なご活動を、応援いたします!
2月25日(日)御原でサークル発表会、多彩な芸を堪能しました
2月25日(日)御原でサークル発表会、多彩な芸を堪能しました


▲クリックすると拡大されます

2月23日(金)農業は儲かる!セミナーで交流しました

2月23日(金)農業は儲かる!セミナーで交流しました

▲クリックすると拡大されます

 佐賀市で開催された「儲かる農業経営塾」に参加しました。
 セミナーには、先進的な農業に取り組んでいる法人や、金融機関、建設業など多業種からの参加があり、これからの農業のあり方を学びました。就農者の高齢化や、相次ぐ異常気象などの課題に対して、収益を確保するためには、専門的かつ戦略的な対策の下で、農業経営を考えていくことが必要であると改めて思いました。

2月18日(日)筑後地区部落解放文化祭が開催されました

2月18日(日)筑後地区部落解放文化祭が開催されました 「第21回筑後地区部落解放文化祭―人間解放・人権文化の創造―」が18日、久留米市で開催され、元気をもらうステージ発表を見てきました。
 文化祭では、部落解放同盟の各支部による演奏や合唱などの文化発表や、学習成果の展示がありました。
 小郡市からは、子ども会が「大崎保育所のおはなし」を発表のテーマとし、大崎保育所の成り立ちから、現在までの活動が紹介されました。その後、大崎保育所の園児たちが、音楽に合わせ走り回り、タンバリンの音で、それぞれの思いでポーズをとる「ストップモーション」や、うさぎ組の1年間の活動から身体表現の取り組みなどを発表され、最後は、手話を取り入れた『いのち』の歌で締めくくられました。
 園児や先生方、保護者が一体となったステージに、温かい気持ちになりました。

2月17日(土)コミュニティ政策について、各まち協との意見交換会を始めました

 市内の小学校区単位でコミュニティ活動をすすめていただいているまちづくり協議会の皆さんとの意見交換会が17日、のぞみが丘小校区・東野小校区からスタートしました。
 意見交換会では、これまでのまちづくり協議会の取り組みの成果と課題を振り返り、今後、地域主導での取り組みをしやすくするための環境づくりについてのご提案を行っています。
 各校区公民館を、制約の多い社会教育法での位置付けから、地方自治法でのコミュニティセンターに移行することで、さまざまな取り組みが行え、公民館職員と校区推進員が同じ立場でまちづくりに取り組めることになります。
 また、これからのコミュニティがどうあるべきか、地域の皆さんと策定した計画の実現を支援していくことなどについても説明をしています。
 8つの小学校区ごとに、さまざまな組織形態が考えられ、その地域課題や目指すまちのイメージも多様です。一緒にコミュニティのあり方を考えていきましょう。
地域課題解決の先進例 自治会バス

▲クリックすると拡大されます

2月17日(土)スポーツでのプレーは、相手への思いで変わる!?

2月17日(土)スポーツでのプレーは、相手への思いで変わる!? 小郡市体育協会が主催する「第6回スポーツ指導者講習会」が17日、生涯学習センターで行われました。
 講師は、アトランタオリンピックビーチバレーの日本代表選手で、代表監督にも就任されていた高尾和行さんでした。
 ミスタービーチバレーと言われる高尾さんは、ブラジルで行われた世界大会のVTR1本を頼りにプレーやルールなどを研究し、取り組みを始めたことを紹介されました。
 高尾さんは、「ビーチバレーは、ふたりでの競技のため、相手にどれだけ丁寧なボールを送れるか、6人制のプレーヤーのとき2月17日(土)スポーツでのプレーは、相手への思いで変わる!?とは違う、『隣の人の気持ちを考える』プレーが必要で、そのためには『さぼらない』プレーを心がけている」と話していました。
 「同じパスという行為も、気持ちを入れることで、パスの質が変わってくる」、この話は、ほかのスポーツやスポーツ以外のことにも通じることと思いました。

2月16日(金)歩け歩け大会10位に入りました!

 御原校区協働のまちづくり協議会の健康福祉部会で開催した「第3回御原校区歩け歩け大会」の結果発表があり、参加80人中10位に入りました!
 記録は、1日平均10331歩でした。
 ちなみに、部会が調べた予防効果によりますと、脂質異常症・糖尿病・高血圧症は8000歩、骨粗しょう症7000歩、心疾患・脳卒中・認知症5000歩、うつ病4000歩歩くことが目安だそうです。実施される場合は、医師にご相談ください。
 これからも“歩け歩け”、継続します!!
2月16日(金)歩け歩け大会10位に入りました!

▲クリックすると拡大されます

2月16日(金)西鉄が本格的な観光列車へ参入!小郡市もつながりたい!

2月16日(金)西鉄が本格的な観光列車へ参入!小郡市もつながりたい!

▲クリックすると拡大されます

 西日本鉄道の鉄道事業本部長さんらが、16日、ご挨拶に来てくださいました。
 西鉄では、平成31年春に初の本格的な観光列車を導入するというお話をうかがいました。
 西鉄天神大牟田線沿線には、代表的な観光地である「太宰府」、「柳川」はもちろんのこと、地域の産業と結びついた景観や歴史的建築物、町並みなど、数多くの地域資源があります。この沿線地域が持つ観光資源や魅力を、観光列車を通じて発掘・発信していくことで、沿線地域の活性化・価値向上につなげていきたいと考えているとのことです。
 西鉄福岡~柳川・大牟田までをビュッフェスタイル仕様の車両が運行し、ある程度の運行時間の中で、食事を楽しめる企画として準備をしているそうです。
 残念ながら、小郡市での途中乗下車はできませんが、車窓からの風景として、また、小郡市の特産品などを料理のメニューで…アプローチしていきたいです!
 沿線のにぎわいに、とても楽しみな観光列車ですね。

2月15日(木)商工会青年部との意見交換を行いました

2月15日(木)商工会青年部との意見交換を行いました 小郡市商工会青年部の益永陽一部長をはじめとする部員の皆さんと、15日、商工会館で意見交換を行いました。
 私はまず、就任9か月間のこれまでの取り組みについて話をさせていただきました。その後、部員のみなさんからいただいた、市長の姿勢やまちづくり、観光、企業立地、防災、財政、商業、教育など、27項目にわたる幅広い分野の質問にお答えいたしました。最後に、起業を希望する人が集まってくるようなまちの雰囲気づくりに協力してほしいことや、まちづくりに積極的に関わってほしいことなど、私の期待する気持ちを伝えさせていただき、みなさんと、小郡市を良くしたいという気持ちでつながったひとときでした。
 商工会青年部は、来年創立50周年を迎えられ、さらなる仲間の拡大を目指していただきたいです。

2月15日(木)自治体首長にも歴史認識が必要!

2月15日(木)自治体首長にも歴史認識が必要! 今年度の福岡県市長会南ブロック会議が15日、みやま市で開かれました。
 大久保久留米市長、中尾大牟田市長、三田村八女市長、倉重大川市長、髙木うきは市長、高野みやま副市長の皆さんが参加しました。
 会議の中では、NHK記者から東大阪市長を経験され、2月15日(木)自治体首長にも歴史認識が必要!現在は大学の客員教授や作家として活躍をされている松見正宣さん(柳川市在住)が「自治体職員に求められる歴史認識」というテーマで講演されました。植民地時代の京城(現・ソウル)から引き上げ、取材などで50回訪問したという韓国と日本の歴史認識の違いを、古代の時代から、歴史を振り返りながら解説して下さいました。
 近くて遠い国といわれる韓国、相手の立場に立って考えることを、自治体としても求められることに気づきをいただきました。

2月14日(水)小郡駅前でバレンタインイベント

2月14日(水)小郡駅前でバレンタインイベント

▲クリックすると拡大されます

 西鉄小郡駅前のきらめきの塔が、バレンタインの時期に合わせて再点灯しました。
 イルミネーションは、2月9日~14日までで、14日には、ミニライブやオリジナルクッキー、ポッキーの無料配布が行われました。また、イルミネーションの写真を登録店で提示すると、特典やサービスを受けることができるなど、楽しいナイトイベントとなっていました。

2月14日(水)人権のまちづくりは「文化」の構築で

 小郡市人権・同和教育研究協議会行政部会の人権研修が16日行われました。
 研修では、部落解放同盟福岡県連合会筑後地区協議会で書記長を務める組坂幸喜さんに、『部落差別を問う~「部落差別解消推進法」の具体化に向けた課題をあきらかにするために~』というテーマで、講演をしていただきました。
 講演では、戸籍の請求を行い、身元調査をビジネスにしていた悪質なケースなどを取り上げ、差別事件は、氷山の一角にすぎないという実態を強調されていました。
 そうした差別の実態に対し、自治体の責務として、人権を守るための仕組みや、差別を許さない人権のまちづくりを行っていくために、文化構築の必要があるいうこと学びました。

2月14日(水)葬斎場は大刀洗町と共同で運営をしています

2月14日(水)葬斎場は大刀洗町と共同で運営をしています 小郡市・大刀洗町葬斎施設組合会議が16日、開催されました。
 葬斎場の河北苑は、平成5年4月に供用を始め、今年25周年を迎えています。これまで大きな事故や問題もなく、順調に運営してきています。
 しかし、施設は、全体的に老朽化が進み、修繕や取り替えなどの作業が必要となってきています。平成22年度から数年かけて、火葬炉や空調施設の大規模改修を行い、今年度までの3か年で、全館の屋根防水工事を行ってきました。
 昨年4月から今年1月までの火葬数は、小郡市485件、大刀洗町134件、市外26件の計645件(前年同期比+84)、また、葬儀は、小郡市73件、大刀洗町8件、市外2件の計83件(同+22)でした。
 今後も、施設の適正な点検や維持管理に努め、安全で安心な施設運営を行ってまいります。

2月13日(火)保護司の皆さんと意見交換を行いました

2月13日(火)保護司の皆さんと意見交換を行いました 保護司の皆さんには、日頃より罪を犯してしまった方が更生する手助けや犯罪防止、青少年の健全育成にご尽力いただいています。
 最近の犯罪認知としては、少年の非行が低年齢化、凶悪・悪質化の傾向にあり、大変憂慮すべき状況にあります。また、高齢者で罪を重ねる累犯者が多くなっています。その理由として、仕事がないことや身寄りのない高齢者の立ち直りが難しいことがうかがえます。
 それだけに、保護司の皆さんの役割も益々重要になっているといえます。
 意見交換会では、月に2回の決められた面会を行うことの大変さなど、ご苦労されている点についてうかがいました。
 保護司の方だけでは解決できない課題もあり、犯罪のない、安全で住みよいまちを築くよう、皆さんで一緒に力を合わせていきましょう!!

2月12日(月・祝)如意輪寺で「福は内」のにぎわい

2月12日(月・祝)如意輪寺で「福は内」のにぎわい 如意輪寺「節分祭」が12日行われました。
 1年の健康、開運、厄除け、学業成就などを祈願して行わる節分祭は、小郡市の冬を代表する風物詩として、毎年にぎわっています。2月12日(月・祝)如意輪寺で「福は内」のにぎわい
 かえる舞いで始まり、お焚き上げ、そして、お待ちかねの豆まきで、集まった大勢のみなさんが「福」を掴んでいました。
 私は、小郡市民の皆さんの健康を祈願してきました!

2月11日(日・祝)素敵なハーモニーで会場が一体となりました

 2月11日(日・祝)素敵なハーモニーで会場が一体となりました 第26回小郡音楽祭『ハーモニーinおごおり』が11日、小郡市文化会館大ホールで行われました。
 毎年行われるこのイベントは、幼稚園のお子さんから、年配の皆さんが出演し、日ごろの練習の成果を披露する、心温まるステージとなっています。昨年度まで、司会を担当させていただいておりましたが、ことしは客席側から、みなさんのすばらしいハーモニーを聞かせていただきました。
 ことしの参加者は38組で、出場予定の方がインフルエンザなどで出演できないところも少なくなく、ご苦労があったと思います。
 音楽はひとをつなげる力があります。これからも音楽があふれるまちづくりを、さらに取り組んでまいります。

2月11日(日・祝)ソフトダーツ大会、狙う的は、校区の交流です!

da.jpg 小郡校区自治公民館対抗ソフトダーツ大会が、小郡中学校体育館で行われました。
 小郡校区にソフトダーツを伝えていただいた熱心な方のおかげで、小郡ではまさに発祥の地となり、その後は各自治公民館で取り組みが行われるようになりました。
 ダーツは、投げる瞬間の集中力、判断力、また計算力などが必要で、気軽にできる生涯スポーツとして注目されています。
 ことしで5回目の大会となりましたが、校区のスポーツによる大事な交流活動として、さらに発展していきますことをお祈りしています!

2月10日(土)古仏を前に時間をしばし忘れました

 九州歴史資料館で今月10日から4月11日まで開催される「第44回企画展『堅粕薬師と東光院の古仏たち』」を見に行きました。
 由緒ある古刹、福岡市の東光院が長く保存してきた仏像は、福岡市美術館で保管・公開されてきました。しかし、その美術館が現在改修を行っているため、一時的に九州歴史資料館で保管されることになり、今回の企画展開催となったようです。
 堅粕薬師として信仰を集めてきた薬師如来立像や、多彩な彫刻の十二神将立像など、多くの仏像に向き合うことができる、大変貴重な展示機会です。
 静寂の中で時間を忘れるひととき、ぜひ九州歴史資料館にお出かけください。
2月10日(土)古仏を前に時間をしばし忘れました

▲クリックすると拡大されます

2月10日(土)保健福祉分野の3計画案でご意見を受けました

2月10日(土)保健福祉分野の3計画案でご意見を受けました

▲クリックすると拡大されます

 保健福祉分野の3計画案について、10日、市民説明会をあすてらすで開催しました。
 高齢者の健康づくりや介護、健康増進と食育、障がい者や障がい児の支援は、市民にとって、とても身近なテーマであり、市で計画策定を行っています。
 これまでは、こうした計画策定段階で市民説明会をすることはありませんでした。市の計画は、いつの間にか、どこかでできていたと思われていた方も多いと思います。市民のための計画が、市民をないがしろに策定されてはいけません。
 今回、私が公約の一つに掲げている「市民との対話を行い、意見を取り入れる場を持つ」という点を実現いたしました。それぞれの重要計画について、短い時間ではありましたが、質問や貴重なご意見をいただくことができました。本当にありがとうございました。
 今後もこのような取り組みを続けていきながら、市政の動きに市民参加をはかって参ります!

2月10日(土)農業新聞に記事が掲載されました

2月10日(土)農業新聞に記事が掲載されました

▲クリックすると拡大されます

 JAみい小郡青年部地区役員の皆さんが、小郡市の農業と地域発展のために、先月26日に小郡市役所で要望書を提出したことが、10日の日本農業新聞に掲載されました。

2月9日(金)久留米広域でタッグを組んでいます

2月9日(金)久留米広域でタッグを組んでいます 4市2町で構成されている久留米広域市町村圏事務組合(久留米市・大川市・うきは市・小郡市・大刀洗町・大木町)の各種会議が9日、大刀洗町役場で行われました。久留米広域圏では、各自治体が単独で行うより、効率的に行えることなどを連携しながら進めています。
 たとえば、東京・新橋のアンテナショップもそのひとつです。昨年7月に4市2町で「福岡  久留米館」としてのアンテナショップを開館しました。1月末までの入館者は、11万8227人を数え、各自治体は、そこで、イベント展開を行い盛り上げています。小郡市は、2月2日、3日で「小郡の魅力フェア」を開催し、特産品やふるさと納税の紹介、移住や地域おこし協力隊の相談会などを行い、2日間で1529人の来館者がありました。
 このほか、久留米広域圏内の振興事業や消防・救急なども、各自治体が協力し、切磋琢磨しながら取り組んでいます。

2月8日(木)プロバスクラブの皆さんとの対話が熱かったです

 小郡プロバスクラブの例会に、8日講師としてお招きを受け、講演いたしました。
 プロバスクラブは、世界各地のロータリークラブが、その社会奉仕事業の一環として、退職者およびセミ退職者のために創った親睦団体で、社会奉仕団体でもあります。プロバスとは、プロフェッショナルと、ビジネスパーソン(実業家)を合成した造語です。
2月8日(木)プロバスクラブの皆さんとの対話が熱かったです

▲クリックすると拡大されます

 講演では、私が掲げるまちづくりの方針「つながるまち小郡」が、就任約9か月で、どれくらい進んでいるかについて、ご説明しました。
 その後、参加者との対話で、挙がったご意見は次のような内容でした。
・健康増進のため、新しい体育館が必要
・小郡市のホームページの内容が残念、更新のスピードが遅い
・老人クラブのさらなる活動と共働
・計画中の集客施設でカラオケ大会などのイベントを常時開催
・七夕神社関係で斬新なおみくじを発売
・街灯の配置に配慮を
・市民税などをパソコン申請できる仕組みを
 さまざまな分野でご活躍の皆さんのアイデアは面白く、またご指摘は厳しくもありました。これからも地域でのご活躍、ご指導をお願いします!!

2月8日(木)商工活性の課題について意見交換しました

2月8日(木)商工活性の課題について意見交換しました

▲クリックすると拡大されます

 小郡市商工会役員の方々との意見交換が8日、商工会館で行われました。
 現在、会員数が734人の商工会と市で取り組んでいる事業は、「プレミアム付商品券」「リフォーム券」「将軍藤小判」の発行事業や情報発信誌「ミ・シ・ラ・ン小郡」の発行などがあります。地元の商工業者の皆さんと、生活者の購買を結び付ける支援事業で、今後さらに、その目的に向かって、そのあり方を検討していくことを確認いたしました。
 他にも、小郡駅前のにぎわいづくりなど幅広いテーマで、意見をうかがう場となりました。
 まちが活気あふれる雰囲気を発信できるか?まちを変えたいという人がどれだけ出てくるか?商工会の皆さんと一緒に取り組みを進めていきます。

※2月14日(水)18:30~「バレンタインイベント」が西鉄小郡駅前「きらめきの塔」周辺で行われます。詳しくは、小郡市観光協会のホームページをご覧ください。
    ○小郡市観光協会ホームページ【外部リンク】

2月8日(木)住みよい小郡市をつくるための提案を受けました

 日本共産党小郡市委員会の皆さんから、「住みよい小郡市をつくるためのアンケート」結果を頂きました。
 アンケートは、昨年12月に配布され、先月回収された257人の方のご意見でした。
 アンケート結果によると、暮らしは4年前と比較して、“変わらない”と答えた方が46%、“悪くなった”と答えた方が51%でした。その主な理由は、「年金などの収入源」と「医療、介護、税金、公共料金、物価の支出増」でした。
 行政への要望という点では、「国保・住民税の負担軽減」や「年金・医療等社会保障の充実」が多く、30~50歳代の現役世代では、「子育て支援」に関心が高く、また、個別的な課題では、「コミュニティバス」や「保育料」などが上げられていました。
 税金を含めた生活するためのさまざまな費用については、実態を正確に把握し、その負担感や生活への影響については常にチェックしながら、お困りの方が気軽に相談していただける窓口があることを周知する必要があると思いました。
 アンケート結果を市政に活かし、皆さんが住みよいまちと言っていただけるように、がんばります!
2月8日(木)住みよい小郡市をつくるための提案を受けました

▲クリックすると拡大されます

2月7日(水)髙島向日葵さんが全国大会に出場します!

2月7日(水)髙島向日葵さんが全国大会に出場します! 今年1月に北九州市で行われた「第17回全国小学生ソフトテニス大会福岡県予選会」に、大刀洗ジュニアに所属する小郡小学校4年生の髙島向日葵選手が、筑前ジュニアに所属する選手とダブルスで出場し、見事優勝しました。3月には千葉県で行われる全国大会への出場が決まっています。
 髙島選手がソフトテニスを始められたのは、小学校1年生からで、以前からソフトテニスをしていた母親の影響を一つのきっかけとして始められたようです。練習はほぼ毎日で、現在は、全国大会に向けて日々の練習に励まれています。
 全国大会では、「相手にプレッシャーをかけながら、ペアで協力し合い優勝したい」と意気込んでくれました。
 ぜひ、ペアで力を合わせて優勝目指して頑張ってください。応援しています!

2月7日(水)白銀の景色で初午祭ににぎわう

2月7日(水)白銀の景色で初午祭ににぎわう

▲クリックすると拡大されます

 黒岩稲荷神社で7日、初午祭が行われました。
 黒岩稲荷神社の創建は、平家一門の「慈禅尼」が、壇ノ浦で敗れた後、追討の手を逃れ、黒岩山に移り、岩穴に隠れ朝夕の礼拝、祭祀の礼を続けたのが始まりと伝わっています。
 こうした歴史ある神社を地域の皆さんが、しっかりと守り続けられていることに敬意を表したいです。
 雪が残る中、初午祭には多くの参拝客が訪れ、商売繁盛や学業成就などを祈願されていました。また温かいぜんざいもふるまわれ、ユニークなひょっとこ踊りに、みなさん笑顔いっぱいでした。

2月6日(火)主体的、対話的で深い学びを実現する

 平成29年度小郡市三井郡教育研究所の研究報告会が6日、あすてらすで開催されました。
 去年3月に新学習指導要領が公示され、小学校では2年後、中学校では3年後から全面実施となります。主体的、対話的で深い学びの実現に向けた授業の改善を通して、課題解決のための思考力、判断力、表現力などを育むための実践的な取り組みが求められています。
 報告の中では、学校行事などの体験との関連を図り、考え、議論する道徳授業や、討論=ディベートを使い、多面的な見方を広げる力や対話を活用して主体的に考える力を高める国語科の授業を見ることができました。
 これまでは、教師が一方的に知識を生徒に伝え、ひたすら暗記するという「教育」スタイルだったものが、これからは、相手の話を聞いたり自分の考えを発言したりすることで、そこから新たな気づきを得ながら学びを深める、というように大きく転換していきます。
 また、「コミュニティスクール」について、各学校から報告がありました。これからの学校は、地域と共働で経営しながら、子どもを育てていくという共育の取り組みがいよいよ本格化すると感じました。
 忙しい中での研究報告で、先生方も大変なことと思います。新たな教育への過渡期であり、みんなで応援していきたいですね。
2月6日(火)主体的、対話的で深い学びを実現する

▲クリックすると拡大されます

2月5日(月)七夕プロジェクトの準備が進んでいます!

2月5日(月)七夕プロジェクトの準備が進んでいます! 「七夕のまち小郡」を、どのようにブランディングしていくのかについて、関係団体や地域の皆さんとの会議を行いました。
 意見交換の中で、それぞれがこれまで取り組んでいることについて報告がありました。皆さん、いろいろな思いで、「七夕」をまちの活性化につなげる活動をされています。
 こうしたそれぞれの動きを、有機的に結びつけ、大きな発信へとまとめていくことが、このプロジェクトのミッションのひとつと考えています。
 止めどもなく、たくさんの話ができる「七夕」は、とても大事な小郡市の宝ですね。

2月5日(月)米の政策が来年度から変わります

2月5日(月)米の政策が来年度から変わります

▲クリックすると拡大されます

 小郡市地域水田農業推進協議会の臨時総会が5日、JAみい本店で行われました。
 国の方針により、平成30年産米から生産数量配分の廃止が決まったことを受け、福岡県水田農業推進協議会では、価格維持のために、需給調整を継続する必要があるとして、作付ビジョンを作成しています。
 生産者の皆さんは、この協議会から提示された主食用米の生産目安により、需要に応じた生産の取り組みをお願いすることになります。
 米の直接払い交付金(7500円/10a)の廃止について、国は、関税で守られている米に交付金を出すことにより、他産業の従事者や他作物の生産者に理解を得られにくいことや、交付金を受けとることが販路を切り拓き、経営を発展させることを阻害してしまうこと、また、高齢化が進む農業者の所有する農地の流通ペースを遅らせてしまうことなどを理由にしています。
 交付金の廃止に伴い、水田だけでなく、畑を含め、農地を維持することへの多面的機能支払の創設や、主体的な経営判断による水田の有効活用対策の充実、中間管理機構などを通した、農地集約の充実などを、国はサポートしていきます。
 小郡市としても、揚水機場改修や暗渠排水事業での地元負担の軽減や、水田担い手機械導入支援事業への支援を行ってまいります。

2月3日(土)地域の教育力で子どもを育てます!

 青少年育成市民会議の校区実践発表会が、3日七夕ホールで開かれました。
 まず、昨年、日本PTA全国協議会会長表彰を受賞した、のぞみが丘小学校の授与式と受賞報告が行われました。のぞみが丘小学校区にお住まいの方は、市外から集まった方が多いこともあり、「父親の会」が中心となって、子どもたちに学校をふるさととして実感する場とするために、学校キャンプやもちつき、親子イベントの活動などを展開されています。
 次に小郡校区の協働のまちづくり協議会青少年育成部会から、実践報告が行われ、巡回36回にも及ぶ「青パトまなざしパトロール」、パンジー・ビオラ・チューリップの「花いっぱい運動」、防災をテーマにした「ウォークラリー」と、活動的な取り組みが紹介されました。
 また「生まれてきてくれてありがとう」の子育てシンガーMonさんの歌と話には、在日韓国人やADHDであることでの差別やいじめ、妊娠の苦労や死産などの体験からの「周りの大人が救い出せる力」や「いのちの奇跡」のメッセージが込められていました。
2月3日(土)地域の教育力で子どもを育てます!
2月3日(土)地域の教育力で子どもを育てます!


▲クリックすると拡大されます

2月3日(土)皆さんは、どの本を読んでみたいですか?

 本屋さんで見かける手作りの紹介カード「POP」は、本に興味を持ってもらえるために手がけられたものです。
 小郡市立図書館では、家読(うちどく)(家庭での読書)の推進事業として、毎年本のPOPコンクールを行い、ことしも、小中学生から900作品の応募がありました。
 小学校では5・6年生が総合的学習の時間で取り組み、中学校では図書委員会で取り組むなど、全校的に取り組んでいるのは珍しいようです。
 今月18日まで、図書館の入り口に展示しています。なかなかの力作ぞろいなので、ぜひご覧下さい!!
2月3日(土)皆さんは、どの本を読んでみたいですか?

▲クリックすると拡大されます

2月3日(土)赤い三角屋根の明るい園舎となりました!

 小郡保育園の新しい園舎の完成に伴う落成式が行われ、地域の皆さんも参席されていました。
 小郡保育園は、地域の子育ての核として、63年の歴史を持ちます。
 このたび、かわいい赤いとんがり屋根で陽光を取り込む明るい園舎に建替わりました。
 落成式では、歓迎の歌として、「威風堂々」や「マーチングマーチ」、「しあわせ」が園児たちによる合奏で披露されました。
 新園舎により定員も増え、多くの子どもたちの受け入れが行われます。住宅地にある小郡保育園が、元気な子どもたちの声で、さらにまちに活気を与えてくれるでしょう!
2月3日(土)赤い三角屋根の明るい園舎となりました!
2月3日(土)赤い三角屋根の明るい園舎となりました!


▲クリックすると拡大されます

2月1日(木)三井高校家庭クラブ委員が全国大会に出場決定!

 昨年9月と11月に、筑後地区と福岡県で実施された「家庭クラブ連盟研究発表大会」で、三井高等学校がそれぞれ最優秀賞を受賞し、報告に来てくれました。
 三井高校家庭クラブ委員会は、昨年熊本県で発生した地震をきっかけに、今回の活動を始められ、災害に対する備えや行動について研究を行うために、実際に防災ボランティア講座へ参加をしたり災害に関する体験を行ったりされました。そのような研究を通して、防災に対する備えは個人だけでできるものではなく、地域との協力が必要であるということを学び、地域と連携した活動を行えるよう「地域とつながろう Miiko Project!」と題した提案を考えられました。まず、実態調査や問題点を把握するために、アンケートを実施し、その後、研究・実践活動として、三井消防署での講義や家庭でつくる非常食の研究を行いました。非常食の研究の際には、JAみいで学習を行ったり、平岡栄養士専門学校の岩橋先生にお聞きしたりしながら、小郡でとれた小松菜を使用したパウンドケーキを考案されました。
 研究活動が進み始めた昨年7月、朝倉市を中心に九州北部豪雨が発生したことにより、新たに研究・実践活動の一つに加え、家庭クラブ委員会を中心に三井高校全体で被災地支援活動に取り組まれました。福祉の面では、視覚障がい者の方の為にオリジナル筆談ボードを作成したり、ボランティアの方々のために手作りクッキーを提供されたりしました。
 その後も、研究実践活動を続けられ、昨年行われた「小郡・大刀洗地域防災訓練」や地域の方との料理講習会への参加、オリジナルの筆談ボードを各企業へ提供されています。そのような活動を通して地域の方とのつながりを持ちながら実践されている三井高校家庭クラブ委員会が、今回の内容を発表してくれました。
 みんなで話すことでアイディアを出し合い、また専門の方や地域の力をお借りしながら、進めていく姿勢に感動する、とてもすばらしい研究発表でした。今後は、市も取り組みに参加させていただきながら、一緒に進めていただきたいです。
 平成31年度に開催される全国大会に向けて更なる研究を重ね、頑張ってください!
2月1日(木)三井高校家庭クラブ委員が全国大会に出場決定!
2月1日(木)三井高校家庭クラブ委員が全国大会に出場決定!


▲クリックすると拡大されます



より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。
 役に立った
 ふつう
 役に立たなかった
 見つけやすかった
 ふつう
 見つけにくかった