小郡市ホーム Web市長室 市長の動き 平成29年9月

Web市長室

平成29年9月

9月29日(金)三井高校手話パフォーマンス部が全国大会に出場します!

 三井高校ボランティア部に所属する8名の生徒が、鳥取県で開催される「第4回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」に出場することが決まり報告に来てくれました。
 今年8月に行われた予選審査会では、全国から54チームがエントリーし、うち九州沖縄ブロックから出場した9チーム中、三井高校ボランティア部が見事1位通過で、4年連続の全国大会出場となりました。
 今回、実際に大会で披露する手話パフォーマンスを、シンガーソングライター藤田麻衣子さんの曲『手紙~愛するあなたへ~』にあわせて、市役所本館1階ロビーで披露していただきました。曲間には家族に対する部員一人ひとりの想いを手話と共に語っていただき、とても心に響き感動しました。素晴らしいパフォーマンスを見せていただき、本当にありがとうございました。
 また三井高校ボランティア部は、現在さまざまなイベントでパフォーマンスを行い、今後も介護施設での秋祭りやアンビフェスタで披露される予定です。温かい心広がる三井高校ボランティア部のパフォーマンスをぜひ一度ご覧になられてください。
9月29日(金)三井高校手話パフォーマンス部が全国大会に出場します!

▲クリックすると拡大されます

9月29日(金)三井高校手話パフォーマンス部が全国大会に出場します!

▲クリックすると拡大されます

9月29日(金)小郡校区から義援金を預かりました

 小郡校区では、今年7月に発生した九州北部豪雨で被害を受けた被災地支援の為に、校区で集まった義援金を朝倉市に贈られます。
 今回、市に託してもらいました義援金は、小郡校区の皆様からの温かい気持ちと一緒に、朝倉市に直接届けさせていただきます。
 皆さんの優しい気持ちが、被災地の復興・復旧へ向って、大きな励ましになると思います。
9月29日(金)小郡校区から義援金を預かりました

▲クリックすると拡大されます

9月22日(金)小郡高校から義援金を預かりました

 今年7月に発生した九州北部豪雨で被災された方々の一日も早い復旧・復興を願い、小郡高校では文化祭時に集まった募金や生徒会が中心に行ったバザーで得た収益を義援金として贈られます。
 今回、市を通して義援金を受け取らせていただき、生徒の皆さんの優しい気持ちと一緒に、直接被災地に届けさせていただきます。是非、被災地での復旧・復興の一部として活用していただきたいです。
 皆さんの温かい気持ちが被災地に伝わり、一日も早い復旧・復興につながることを願っています。
9月22日(金)小郡高校から義援金を預かりました

▲クリックすると拡大されます

9月15日(金)JICAボランティアとして派遣されます

▲クリックすると拡大されます

 独立行政法人国際協力機構(JICA)では、開発途上国からの要請に基づき、国際協力の志をもった方々を現地に派遣するボランティア事業に取り組まれています。
 今回、堀内好恵さんが青年海外協力隊として東ティモールに2年間派遣されることが決まり、報告に来てくれました。堀内さんは、以前から海外でのボランティア活動に興味があり、理学療法士として更なるステップアップをする為、今回志望されました。現地では、ナショナルリハビリセンターに配属され、理学療法のガイドライン作成や実践を目指し、また患者に直接対応するアシスタントたちの技術向上を図られます。堀内さんは、他にも都市部や地方が同水準のリハビリを受けることが出来るような支援も考えています。
 是非これまでの経験を活かしながら、現地での支援活動に取り組んでほしいです。頑張ってきてください!

9月2日(土)第1回七夕旗争奪小郡市少年野球大会

 小郡市野球連盟が主催する「第1回七夕旗争奪小郡市少年野球大会」が、小郡市野球場など9つの会場で行われました。
 試合開始前に行われた始球式では、鳩山二郎衆議院議員がバッターとして、私はピッチャーとしてマウンドに立たせていただきました。また今回、市内外や県外から多くの小学生が参加し、全60チームの熱い熱戦が繰り広げられました。
 子どもたちには、今後もこのようなスポーツを通して、チームワークや協調心を養い、健やかに成長してほしいです。

▲クリックすると拡大されます



より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。
 役に立った
 ふつう
 役に立たなかった
 見つけやすかった
 ふつう
 見つけにくかった