くらし

更新日: 2020年8月18日

特別定額給付金について

※特別定額給付金は、8月17日をもって受付を終了しました

 令和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになりました。

給付額

給付対象者1人につき10万円

給付金の申請及び給付の方法

感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の(1)又は(2)を基本とし、給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座へ振込みます。

マイナンバーカード(外部リンク)がなくても、郵送申請で申請することが出来ます。
 
(1)郵送申請方式
    世帯主宛に届く申請書(5月15日から順次発送※)に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市区町村に郵送
※特に生活にお困りの世帯の方は、メール等でご連絡ください。申請書の発送に優先的に対応します。

(2)オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)
※オンライン申請は5月29日までで終了しました

受付開始スケジュール

(1)郵送申請方式    5月15日から申請書発送
(2)オンライン申請方式 5月2日から(5月29日までで終了)
※申請期限は令和2年8月17日までです

※経営戦略課(市役所本館2階)で、窓口受付も行っています

給付スケジュール

(1)郵送申請方式    5月28日から順次(申請書類の確認終了後)
(2)オンライン申請方式 5月14日から順次(申請書類の確認終了後)

※現在、申請受付から振込まで10日から2週間程度かかる見込みです。
※7月から木曜日に順次振込を行っています。
※振込日が決定次第、決定通知のハガキを郵送しています
※申請に不備がある場合は、電話や郵送にてご連絡させていただきます

コールセンターの概要

総務省特別定額給付金コールセンター
連絡先  0120-260020(フリーダイヤル)
対応時間 午前9時から午後6時30分まで(休日問わず)
※つながりにくい状況となっています。

配偶者らの暴力を理由に避難している方への支援

 配偶者らの暴力を理由に避難している方で、一定の要件を満たす場合は、住民票を移さずに、世帯主でなくとも、同伴者の分を含め、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。現在、お住まいの市町村にお早めにご相談ください。

申請書送付先の変更

 日本郵便の転送サービス(外部リンク)をご利用いただくことで、郵便物を居所へ転送することができます(インターネットでも申込みできます)。
※日本郵便の転送サービスが利用できない場合は、下記問合せ先までお問い合わせください。

総務省ホームページ

特別定額給付金について(外部リンク)
・特別定額給付金の概要(英語版、ネパール語版等の多言語広報)
・特別な配慮を要する方への対応
よくある質問・コールセンター
・詐欺被害の防止

給付金を装った詐欺にご注意ください

・市区町村や総務省などの行政機関が現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
・市区町村や総務省などの行政機関が「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。
・現時点で、市区町村や総務省などが、世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報をメールでお問い合わせすることはありません。


このページに関するお問い合わせ

小郡市役所 経営戦略課 政策推進係
〒838-0198 小郡市小郡255番地1(本館2階)
電話:0942-72-2111(代表) / ファクス:0942-73-4466
メール:メールでのお問い合わせはこちらから

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
役に立った
ふつう
役に立たなかった
このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかった
ふつう
見つけにくかった

ページトップ