くらし

更新日: 2020年7月9日

水のうを使った汚水逆流対策

近年、頻発する記録的豪雨は、道路冠水や家屋の浸水被害だけでなく、ご家庭のトイレや風呂場、洗濯機の排水口などから汚水を逆流させることがあり、下水道においても深刻な問題となっています。
豪雨のときに、ご家庭のトイレや風呂場、洗濯機の排水口などから『ゴポゴポ…』と空気が漏れるような異音が聞こえてきたら、危険信号です。

このようなときは、水のうを使って、簡単に逆流を防ぐことができます。
水のうは、ご家庭にあるもので簡単に作ることができ、排水口からの汚水逆流防止だけでなく、段ボールやプランター、ビニールシートと組み合わせれば、簡易止水壁としても使えますので、緊急時にご活用ください。

水のうの作り方

用意するもの

ビニール袋(40リットル程度の容量のもの)2~3枚
※小郡市指定の家庭用ごみ袋(大)が約35リットルの大きさです。
ビニール袋

作成手順

(1)
ビニール袋を2枚(薄い場合は3枚)重ねて、 ビニール袋に水(20リットル程度)を入れる。
※水が多すぎると、重さで破れることがあります。少なすぎると、水のうとして機能しません。
ビニール袋を2枚(薄い場合は3枚)重ねて、 ビニール袋に水(20リットル程度)を入れる。
(2)
ビニール袋の中の空気を抜きながら、口をしっかりと縛る。
※空気が入ったままだと、排水口をうまく塞ぐことができません。
ビニール袋の中の空気を抜きながら、口をしっかりと縛る。
※トイレに設置する際の留意点
 便器内の水(封水)が溢れないよう、様子を見ながらゆっくりと設置してください。
トイレに設置する際の留意点

このページに関するお問い合わせ

小郡市役所 下水道課 管理係
〒838-0198 小郡市小郡255番地1(西別館2階)
電話:0942-72-2111(代表) / ファクス:0942-73-0571
メール:メールでのお問い合わせはこちらから

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
役に立った
ふつう
役に立たなかった
このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかった
ふつう
見つけにくかった

ページトップ