市政情報

更新日: 2019年2月22日

人権擁護委員制度

人権擁護委員は、法務大臣から委嘱された民間の人たちで、法務局と連携して、地域の皆さんからの人権相談を受け、問題解決のお手伝いや、人権侵害被害者の救済、地域の皆さんに対する人権についての啓発活動などを行っています。小郡市では、各小学校区に一人、合計8名の委員が活動しています。

人権擁護委員の仕事

地域の皆さんからの人権に関する相談に応じます。
法務局では常設相談所を設置し、相談を受け付けています。
小郡市では、毎月1回、人権センターにて相談日を設けています。

人権を侵害された方からの申告などを受け、法務局職員と協力して調査・処理にあたります。
調査により人権侵犯が認められた場合は、救済措置等が行われます。

人権の大切さを多くの方々に知っていただくための様々な活動を行っています。
小学校で行う「人権の花運動」や「人権教室」、中学生を対象とした「全国中学生人権作文コンテスト」、企業などが実施する人権研修への講師派遣や街頭啓発など

ページトップ