10月5日(土)子どもは可能性に溢れている、実は大人も

 みい青年会議所が5日、10月例会事業で、「子どもの持つ無限の可能性」と題して、長崎県諫早市にある創成館高等学校理事長・校長の奥田修史先生が講演しました。
 7月に予定されていましたが、大雨で中止、なんとか実現したいという思いから、今回の講演会が実現しました。


 奥田先生は、祖父の創立した創成館高等学校に、32歳で理事長、34歳で校長に就任、「偏差値ナシ」、経営破綻寸前の学校を7年で立て直し、有名大学への進学実績を上げ、野球部は甲子園への常連に、第一志望で入学してくる生徒が90%という超人気校へと変えました。


 主体的に行動する子どもを育てること、自らの目標を設定させることを大切にしたことで、生徒が、学校が変わっていった、そして、大人の一生懸命な姿を子どもたちにみせることが大事であることも触れられていました。


 爆笑の連続の講演、奥田氏は従来の教育や学校がこうあるべきものという枠を取っ払うことができる、すごい熱い生き様の校長先生でした。

 

      R1.10.5奥田修史先生講演.png

 

 

 


bnr_08.jpg

2019年10月

<9月

11月>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 今日
  • 記事