11月14日(土)人権学習で真剣な表情を参観しました

 立石中学校で人権問題学習授業公開が14日行われ、お邪魔してきました。


 1年生は「身の回りにある思い込みや決めつけについて考えよう」をめあてに、同じ内容の結婚式なのに料金が違うことや、六曜などが題材に取り上げられていました。


 2年生は「文字を奪われた人の存在を知り、吉田一子さんの生き方に学ぼう」と、学校に行けなかった吉田さんに気持ちに立ち、誰もが学ぶ機会の大切さを考えていました。


 3年生は「差別のない公正な採用について考えよう」と、就職差別について考えました。

 統一応募用紙に変わった背景や、面接での質問のおかしいところへの気づき、指摘できることの大切さを確認していました。


 どの授業もみな熱心に考え、話し合い、自分の問題としていたようでした。
 このような地道な学びの積み重ねが、人権のまちおごおりの基盤となっているとあらためて思いました。

 

              1.png

2.png

 

 


bnr_08.jpg

2020年12月

<11月

1月>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 今日
  • 記事