11月9日(月)地域農業の未来を拓く!

 農事組合法人花立が令和2年福岡県麦作共励会 集団の部 最優秀賞(県知事賞)を受賞され、9日報告を受けました。


 花立は平成13年「花立営農集団組織」を立ち上げ、平成27年法人化、地区の麦の作付面積の9割を集積し、17戸で水稲13ha、麦29ha、大豆15haを経営しています。


 稲わら・麦わらのすきこみなど有機物還元の土づくりを行うなどにより、高い収量を誇っています。


 高齢化が進んでいますが、農地を維持しつつ、引き続き高品質麦の安定生産を目標としており、後継者に技術継承を行うため、次世代をオペレーターに起用し、栽培講習会にも出席させています。


 花立の農業を守ることは、すばらしい景観を守ることにもなります。

 これからも、益々発展をしていってほしいです!

 

①.jpg

3.jpg

4.jpg

 


bnr_08.jpg

2020年12月

<11月

1月>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 今日
  • 記事