7月20日(火)多彩な色彩表現に感動!

 がんと闘いながら絵を描いている元小学校の教諭、岡博美さんが、久留米市田主丸の「道の喫茶もり辺」で8月3日まで個展を開催されています。


  岡さんが描いている作品は、鉛筆の下書きに、油性ペンで縁取りをして、色鉛筆などで色を付けていく画法で、カラフルな絵画に目を奪われます。


  2~3日で描くものから、途中まで描いて日にちを空け、時間をかけて仕上げるものまで、道端で見かけたきれいな花や、空想の世界などモチーフもさまざまです。


  田主丸がもともとの地元ですが、夫が三国中に赴任したことをきっかけに、三沢に住まわれるようになったとのことです。


  ぜひ小郡でも、元気を与える、岡さんの作品を見てほしいです。
  ちなみに、「道の喫茶もり辺」は、福岡で学校の先生をされていた方が退職後に開いた店で、とても素敵な店でした!

 

岡さん作品①.jpg

岡さん作品②.jpg

 

 


bnr_08.jpg

2021年7月

<6月

8月>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • 今日
  • 記事