8月6日(木)75年目のヒロシマ原爆の日

 8月6日はヒロシマ原爆の日、原爆投下の8:15には、庁内で職員一同、黙とうを行いました。


 被爆体験を伝える方々が高齢となる中で、継承は大きな課題です。
 広島の大学生が、被爆者で語り部の方からのヒアリングを行い、その貴重な体験を伝えていく決意を語る姿をテレビで見ました。


 原子爆弾が使用されるということがどのようなことなのか、貴重な被爆者の言葉に、わたしたちは想像力を働かせないといけません。


 新型コロナによる世界の分断的な動きにも注視しながら、平和への思いを新たにしなければいけないと思う一日でした。

 


bnr_08.jpg

2020年8月

<7月

9月>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • 今日
  • 記事