地道な活動で地域を支えてくれています

 小郡保護司会と行政の意見交換会が29日開催されました。
 保護司のみなさんは、日ごろから犯罪者などの更生を助けると同時に、犯罪予防のために尽力いただいています。
 平成30年の秋の褒章では、久留米保護区保護司会小郡分区の井手康夫さんが、長年にわたる活動での功績が高く評価され、藍綬褒章を受章されました。
 本当におめでとうございます!!
 最近の犯罪認知としては、少年の非行が低年齢化、凶悪・悪質化の傾向にあり、大変憂慮すべき状況です。
 それだけに、保護司の役割が益々重要になっており、保護司のみなさんと行政が連携していくことも必要です。
 さまざまな意見交換をしながら、犯罪のない、安全で、住みよい小郡市を築いていきたいです。

交通安全活動のようす.jpg


bnr_08.jpg

2018年12月

<11月

1月>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • 今日
  • 記事