9月8日(日)風景に溶け込む至極の一杯!

 西鉄味坂駅は、1日の乗降客が200人ほどの駅員さんもいない小さな駅です。
 しかし、土手の上にある駅舎からは、耳納連山、そして農村風景が眼前に広がります。


 そんな景色で一杯のコーヒーをと、駅の上り線ホームに、ワンデイカフェ店が開かれました。
 カフェ店を出したのは、福岡市大名のシードヴィレッジ、海外の農園をサポートする自然派コーヒーにこだわっています。


 味坂駅の佇まいに惚れ込んだ種村代表が、ホームでのカフェ店を企画し、西鉄に相談をしたところ、味坂駅で本当にいいんですか?と言われたというエピソードも(笑)


 種村代表やスタッフは、この日のために特別Tシャツまでそろえての意気込みで、ワンデイカフェ店のうわさを聞いた客が朝から行列も。

 アジサカのオリジナルブレンドは100杯超の販売、ドーナッツなども家族連れが買い求めていました。


 駅のホームでは、広がる農村風景を背景に写真撮影をする人も見られ、味坂駅が注目のスポットになっていました。
 まだまだ地域の素敵なところを見落としていることを、カフェ店が気づかせてくれました。

 

01.png

02.png

03.png

 

 


bnr_08.jpg

2019年9月

<8月

10月>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  • 今日
  • 記事