健康・福祉

更新日: 2018年12月20日

認知症サポーター養成講座

認知症サポーターとは

 認知症サポーターとは、認知症を正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守る応援者のことです。認知症サポーターになったからといって何か特別なことをするわけではありません。日常生活の中で認知症の方と出会った時に、自分のできる範囲で手助けをすることで、認知症の方やその家族を支援していきます。認知症サポーターは、「認知症サポーター養成講座」を受講した人なら誰でもなることができます。

認知症サポーター養成講座

 小郡市では、認知症になっても安心して暮らせる街づくりを目指して、認知症を正しく理解し、認知症の方やその家族を支援する認知症サポーターの養成を進めています。地域、学校、商店街、職場などの団体(10名以上)が開催する「認知症サポーター養成講座」(1時間程度)を受講していただくことで認知症サポーターになれます。認知症サポーターには、認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)が配布されます。養成講座をご検討の団体は、下記問合せ先までご連絡ください。
●認知症サポーター養成講座講師派遣申込書(PDF:109KB)
●認知症サポーター案内チラシ(PDF:557KB)

お問合せ先

小郡市地域包括支援センター
小郡市小郡255-1 北別館1F
TEL:(代表)0942-72-2111(内線455)
    (直通)0942-72-7551
FAX:0942-72-7561

このページに関するお問い合わせ

小郡市役所 介護保険課 地域包括支援センター
〒838-0198 小郡市小郡255番地1(北別館1階)
電話:0942-72-2111(代表) / ファクス:0942-72-7561
電話:0942-72-7551(直通)
メール:メールでのお問い合わせはこちらから

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
役に立った
ふつう
役に立たなかった
このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかった
ふつう
見つけにくかった

ページトップ