健康・福祉

更新日: 2020年11月6日

市立小・中学校、保育所、幼稚園などにおける対応について

市立小学校・中学校

(1) 新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのお願い
 寒さが増しインフルエンザの流行に注意が必要な時期となってまいりました。また、国内の一部の地域では新型コロナウイルスの感染者の増加が続いていますが、冬場の気温低下と乾燥によりウイルスの活動が活発化し、感染が今後さらに広がることが懸念されています。学校においては引き続き手洗い励行、マスク着用、換気の取組を継続してまいります。
つきましては、保護者の皆様におかれましては下記の点について、改めてご留意いただきますようお願いいたします。

1.「お子様の健康状態の確認」
 感染拡大防止のため、これまで同様「健康観察カード」への記入・サインをお願いします。発熱、咳、喉の痛み、体のだるさ等の風邪の症状が見られる場合は、ご自宅で休養させていただくようお願いします。風邪の症状等で学校を休ませる場合は学校にご連絡ください。
 
2.「お子様と同居しているご家族の健康状態の確認」
◯同居のご家族に発熱や風邪の症状がある場合には、お子様の登校について慎重にご判断いただき、学校へご連絡・ご相談ください。また、医療機関を受診される場合は、来院される前に、まず「かかりつけ医療機関(※1)」へ相談ください。
 ※1 小郡三井医師会のかかりつけ医による電話相談(サイト内リンク)

◯同居のご家族が、保健所から「濃厚接触者」に認定された場合は、「PCR検査」の予定を含めて、速やかに学校へご連絡いただくとともに、お子さんの登校をお控えくださいますようお願いいたします。
 
3.「お子様自身が濃厚接触者に認定された場合」
 お子様自身が「濃厚接触者」に認定された場合は、「PCR検査」の受検を含め保健所の指示に従ってください。また、速やかに学校へご連絡ください

4.「インフルエンザ予防接種について」
 市では新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行を防ぐための対応として、1歳から64歳までのインフルエンザ予防接種費用を助成しています。詳しくは市ホームページ(サイト内リンク)(※2)をご確認ください。
※2 インフルエンザ予防接種(サイト内リンク)
 
5.「冬休みの過ごし方について」
 冬休みは予定通り12月25日から1月7日(始業式1月8日)です。外出の際はできるだけ密集、密接を避けるよう行程への配慮をお願いします。

(2) 日常的な感染防止の取組について
○毎朝の体調チェックの徹底をお願いします
 登校前に自宅で検温・体調確認をし、「健康観察カード」へ記入してください。
 カードは学校で確認し、検温忘れ・カード不備者には、教室に入る前に検温等を行います。
 ※発熱、咳、喉の痛み、体のだるさ等の風邪の症状が見られる場合は、学校に連絡のうえ、
  ご自宅でしばらくの間休養させていただくようお願いします。
 登校後に体調不良が生じた際は、保護者に連絡のうえ下校することとします。

○ご家族の皆様の体調管理にもご留意をお願いします
 ご家族の皆様の中に、発熱等感染の不安のある症状がある際は、お子様の登校については控えていただくようお願いします。

○マスク着用・手洗い・うがい・消毒・換気を徹底します
※体育や部活動等の運動時は熱中症防止のため基本的にマスクは着用しませんが、休憩時間ごとに水分補給と教室の換気を行います。
※気温が高い中での登下校時など、熱中症が懸念される場合は、一律的なマスク着用はすすめていません。
※学習中、児童生徒・教職員は基本的にマスクを着用していますので、熱中症予防、体調管理の観点からエアコンを使用します。(エアコン使用時も1時間に1回の換気・水分補給を行います。)
 
○給食時間では以下の取組を行っています
学校では、給食時間等における密接・密集防止のため、学校の状況に応じて以下のような取り組みを行っています。
・給食用コンテナを分散して設置(中学校)
・配膳で並ぶ際は密にならないよう床にマーキングをして間隔をあけて並ぶ
・廊下など広いスペースを確保しての配膳の実施
・給食時間前の手洗い、手指消毒の徹底
(上記以外にも、各学校の状況に応じて様々な感染防止の取り組みを行っています。)

○感染防止のための教育課程の見直しを行います
・水泳の授業は、感染防止のため本年度は実施しません。ただし、水難事故防止のための授業を実施します。
・音楽の合唱、家庭科の調理実習、体が密着する体育授業など、感染の可能性の高い学習活動は指導の時期や計画内容を変更します。
・運動会、学習参観、地域との合同による学習活動など、人が密集する学校行事等は学校運営協議会等で協議、検討します。

(3) 感染拡大に伴う誹謗や中傷から感染者を守るために
 県内、小郡市内での感染が生じる中、市内小中学校におきましては、新型コロナウイルス感染にかかる人権問題を未然に防ぎ、正しい見方・考え方を培うため、次のようなことを子どもたちに指導しています。
・人は誰でも病気にかかること。病気にかかるのはその人のせいではないこと。私たちが警戒すべき相手は、人ではなく、「ウイルス」であること。
・病気が治った人が学校に来るときには安心して来られるよう、うわさ話をしないように気を付け、おたがいを大切にできる仲間でありたいこと。
・感染した人や、まわりで働いている人たちに対して、ねぎらいと応援の気持ちを持ちたいこと。
   
 それぞれのご家庭におきましてもこうしたお話を、お子様に語っていただきますよう、お願いいたします。
 
(4) 令和3年度学習評価について
 本年度の学習評価(通知表)は、緊急措置として前期(10月30日)・後期(3月修了式日)の2回とします。

問合せ先:教務課教務係

学童保育

(1)学童保育所(放課後児童クラブ)の開所について
 小郡市の学童保育所では、持続的な感染防止対策を実施しながら保育を行っています。
 なお、再び地域で感染拡大のおそれが生じたときは、登所自粛要請を行う等の感染拡大防止対策を行う場合があります。また、学童保育所の児童や職員が感染した場合は、原則その学童保育所は臨時休所になります。
 
(2)登所時の注意点
・各自、手洗い、うがいを徹底し、感染症予防に努めてください。
・児童本人または同居家族等に発熱や風邪症状があった場合は、学童に連絡の上、登所を控えてください。また、児童または同居家族等の感染が疑われる場合も同様です。
・37.5℃以上の発熱があった場合は、速やかな引き取りをお願いします。
・登所時は、必ず連絡帳(検温を記載)とマスクを持たせてください。

問合せ先:子ども育成課医療・手当係

公立保育所・私立保育園・小規模保育所

保育所等の開所について
 保育所等はこれまで保護者の皆様へ登園自粛のご協力をいただいていましたが、5月30日をもって保育所等における登園自粛要請を終了することとしました。
 今後も各園では感染拡大を予防する「新しい生活様式」の定着を図るため、持続的な感染防止対策を実施してまいります。
 なお、再び地域で感染拡大のおそれが生じたときは、登園自粛要請を行う等の感染拡大防止対策を行う場合があります。また、保育所等の園児や職員が感染した場合や、保育所等の園児や職員が感染した場合は、原則その保育所は臨時休園することとなります。
保育所等における登園自粛要請の終了について(5月27日付)(PDF:370KB)

保育料について
 登園自粛要請に基づき登園を自粛された期間の保育料は、後日返還します。

育児休業復職日や求職期間が登園自粛要請期間と重なる場合の取り扱いについて
1. 育児休業の延長について
(1) 4月の保育所入所に係る復職期限の延期
 育児休業から復帰し、4月1日からの保育所の入所決定を受けている場合は、5月1日までに復帰する必要がありますが、復職期限の延期を可能とします。

復職期限:令和2年7月1日(水曜日)

(2) 手続き
 復職後、速やかに就労証明書(復職証明書)を提出してください。
※育児休業延長については、勤務先とご相談ください。
※きょうだい児が在園している方は、保育の必要量が「短時間」での認定となっています。
 保育の必要量を標準時間に変更する場合は、「保育標準・短時間希望に関する申立書」を提出してください。認定の変更は申請日の翌月からです。
 
2. 求職期間延期の取扱いについて
 認定期間(2カ月)の経過後も引き続き求職活動により保育が必要な状況であると認められる場合は、その状況を確認の上、特例として当該期間を超えて求職中と認める場合があります。
 認定期間内に就労証明書等の提出ができないことがわかった時点で、保育所・幼稚園課まで連絡してください。

問合せ先:保育所・幼稚園課保育支援係

子育て支援センター・つどいの広場

6月1日より利用方法が変わっています。子育て支援センター、つどいの広場の利用方法について(サイト内リンク)をご覧ください。
・相談時間(各センター等により異なります)は通常どおりです。

問合せ先:子育て支援課児童家庭係

その他保護者の皆様へのお願い・ご連絡

・今後の感染拡大の状況によっては、内容が変更になる場合があります
・臨時休校期間中の家庭での学習・課題については学校から改めてお知らせします
・臨時休校期間中は、感染防止のため、手洗いやうがいを徹底するほか、人の多いところへの外出はなるべく避ける、生活のリズムを整えるなど、健康で安全な生活のあり方について親子で確認をしてください


より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
役に立った
ふつう
役に立たなかった
このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかった
ふつう
見つけにくかった

ページトップ